西剛志
著者のコラム一覧
西剛志脳科学者

脳科学者(工学博士)、分子生物学者。T&Rセルフイメージデザイン代表。LCA教育研究所顧問。東京工業大学大学院生命情報専攻修了。2002年に博士号を取得後、知的財産研究所に入所。2003年に特許庁に入庁。大学院非常勤講師を兼任しながら、遺伝子や脳内物質など最先端の仕事を手掛ける。著作に「なぜ、あなたの思っていることはなかなか相手に伝わらないのか?」(アスコム)などがある。

血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ

公開日: 更新日:

 食事を取るとき、多くの人がカロリーを気にするが、GI値が高いか否かも気にしたほうがいい。GI値が高いと血糖値が上がりやすくなり、糖尿病などのリスクが高まる。そして、当連載で西さんが伝えてきたように、「脳のパフォーマンスを鈍らせてしまう」。急激に血糖値が上がると、眠気やだるさに襲われ、脳のパフォーマンスは低下するのだ。

「カツ丼は、カロリーの視点で見ると“高い”食事になりますが、GI食の視点で見ると“低い”食事です。衣があって油で揚げる、さらにタンパク質が豊富な卵で閉じている。こうした要素が重なることで、消化を緩やかにし、血糖値を上げづらくします」

 GI食は、食事に新しい視座をもたらす。西さんは「低GI食は脳の“サビ止め”と解釈していただいて構いません」と断言する。

「血糖値が急に上がると、糖がタンパク質と結合する“糖化”という現象が起こります」

 糖化は、老化物質(エイジス)を生成するといい、細胞の老化を促進させる。

「その結果、血管年齢が老けてしまい、認知症につながりやすくなるともいわれています。高血糖になればなるほど血管はボロボロになりますから、低GI食を摂取することは、糖化予防にもなる。まさしく、サビ止め効果というわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

  2. 2
    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

  3. 3
    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

  4. 4
    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

  5. 5
    安倍氏国葬“4割欠席”の大誤算…「何のため?」の声さらに高まり内閣支持率“奈落の底”へ

    安倍氏国葬“4割欠席”の大誤算…「何のため?」の声さらに高まり内閣支持率“奈落の底”へ

  1. 6
    あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

    あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

  2. 7
    秋ドラマはシリーズもの圧勝か? 若手俳優を起用し何を作ってもヒットしない惨状

    秋ドラマはシリーズもの圧勝か? 若手俳優を起用し何を作ってもヒットしない惨状

  3. 8
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  4. 9
    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

  5. 10
    安倍元首相の政治資金「ズサンな使い道」の記録 デタラメ領収書は3年分で1000枚にも

    安倍元首相の政治資金「ズサンな使い道」の記録 デタラメ領収書は3年分で1000枚にも