石塚集
著者のコラム一覧
石塚集

医学系編集プロダクション経営。医学ライター。東洋美術学校Webグラフィックデザイン/ユーザーエクスペリエンス(UX)講師。株式会社eumoでUIUX/PRを担当。新宿・ゴールデン街の入り口付近の店でバーテンダーもしている。

芸術と脳の関係を探究する作家が奈良県で独特なアートイベントを開くまで

公開日: 更新日:

岡本奈香子さん(48歳)本業=美術作家、京都橘大学客員研究員/副業=まちづくり団体運営

 芸術と科学の力で地域活性を担う奈良県在住の岡本奈香子さん。本業では現代美術と認知心理学による分野横断的研究をベースにした作品を作り続けている。まずは本業の作家活動のことから聞いた。

「約25年前の大学生の時、突然、5日以上に及ぶ不眠状態に陥りました。一睡もしていないのに疲れや眠気を感じず、日を追うごとに緊張が高まり、不眠5日目にはとうとう錯乱状態に陥りました。しかし、その直後、意識が冴え渡り、光り輝く妄想の世界が広がって湧き上がる創作意欲に満ちあふれたんです。この体験はしばらく誰にも公言せず、美術から離れ、静かに生きる時期を過ごしました。しかし、アウトサイダーアートや精神疾患や脳の障害者たちの作品を見たとき、圧倒的な独創性と説明のつかない親近感が迫ってきたんです」

 当時の自分が描いた作品と、障害のある方の作品を比較したところ、類似点を次々に発見。その構造をより知りたいと考え、2009年ごろから認知神経科学研究を開始。英国・ウィンブルドン・カレッジ・オブ・アート大学院(美術)の修士、京都市立芸術大学大学院の博士後期課程(メディア・アート領域)などの学位を修めた。

「当時の自分の不眠状態とは何だったのか。そこに客観的なメカニズムは存在するのだろうか。そして、これらの謎は『創造性の根源』と関係あるのではないかという問題意識につながりました。そこから、芸術と脳に関するさまざまな研究と分野横断的な美術表現を追求するようになったのです」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  2. 2
    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

  3. 3
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  4. 4
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  5. 5
    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

  1. 6
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  2. 7
    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

  3. 8
    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

  4. 9
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

  5. 10
    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか