離婚理由1位は男女とも「生活の不一致」の意外…“縁の切れ目”はどこなのか?

公開日: 更新日:

 タレントの小倉優子(38)が、2度目の離婚を発表した直後、自らの失敗をネタにテレビ出演したことが話題を呼んでいる。1度目は夫の不貞が離婚の原因だったが、今回はそうではない。実は離婚の傾向として、不貞より重いことがあるという。

 ◇  ◇  ◇

 厚労省の「人口動態統計」(2020年)によると、離婚件数は19万3253件。25年ぶりに20万件を割り込んでいる。件数そのものは減っているが、それは結婚の件数が減少しているため。この年の婚姻数は前年比7万3500件少ない52万5507件だ。そこから離婚を婚姻数で割って算出する特殊離婚率は約37%。前年より2ポイント増えている。

 では、どんなことを理由に男と女は、たもとを分かってそれぞれの道を歩み始めるのか。「司法統計」(20年)によると、夫婦関係調整調停事件の申し立て理由が<別表>で、浮気や不倫などの不貞に当たる「異性関係」は妻側の離婚理由5位で、夫側の4位。「家庭を捨てて省みない」も、妻側の8位、夫側の10位だ。なるほど、「異性関係」が離婚理由として必ずしも大きくはないことが見て取れる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「オミクロン系ワクチン」は急いで打つ必要なし 11月以降の接種で感染予防にもなる

    「オミクロン系ワクチン」は急いで打つ必要なし 11月以降の接種で感染予防にもなる

  2. 2
    “サメがウヨウヨ”悪ふざけ投稿が話題に…米フロリダのショッピングモールでニセ演出

    “サメがウヨウヨ”悪ふざけ投稿が話題に…米フロリダのショッピングモールでニセ演出

  3. 3
    ガーシー議員が人気女優の“パパ活疑惑”配信も…暴露行為を疑問視「国会に出ろ」とブーメラン

    ガーシー議員が人気女優の“パパ活疑惑”配信も…暴露行為を疑問視「国会に出ろ」とブーメラン

  4. 4
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  5. 5
    セ最下位中日は12球団ワーストの超貧打 OB名球会コーチ招聘だけでは解決しない“元凶”

    セ最下位中日は12球団ワーストの超貧打 OB名球会コーチ招聘だけでは解決しない“元凶”

  1. 6
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  2. 7
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  3. 8
    京都の観光業界に衝撃! 老舗高級ホテルで相続めぐる民事訴訟が泥沼化

    京都の観光業界に衝撃! 老舗高級ホテルで相続めぐる民事訴訟が泥沼化

  4. 9
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  5. 10
    不合格になった筑附高受験生は「悠仁さまの合格」をどう見ているのか?

    不合格になった筑附高受験生は「悠仁さまの合格」をどう見ているのか?