寝屋川“美人”市議がコロナ詐欺で逮捕 国政挑戦時に記者に打ち明けていた「苦しい懐事情」

公開日: 更新日:

 新型コロナ対策の融資支援を仲介すると偽り現金をだまし取ったとして、福岡県警に詐欺容疑で逮捕された大阪府寝屋川市議の吉羽美華容疑者(42)。逮捕前の聴取に「私は巻き込まれただけ」と説明したというが、グループの金庫から1億円以上を盗んだ疑いも浮上。それを機にグループは仲間割れ。詐欺事件が発覚したのだ。

“美人過ぎる市議”ともてはやされた吉羽容疑者は、2017年秋の衆院選では小池都知事が率いた「希望の党」から出馬。その際、日刊ゲンダイの取材に苦しい“懐事情”を吐露していた。

 当時、吉羽容疑者の選挙区は、自民党萩生田光一幹事長代行(当時)の牙城である東京24区だった。公示日にはJR八王子駅前の街頭演説で小池知事の隣に立ち「しがらみ政治を変える!」と絶叫。終了後は日刊ゲンダイを含む複数メディアに囲まれ、「私はチャレンジャーの立場。死力を尽くし勝利します!」と威勢よく語っていた。

 ところが、小池知事の「排除」発言が響き、希望の党は徐々に失速。投票5日前に改めて街宣車に乗っていた吉羽容疑者に話を聞くと、「正直、結党式がピークだったと思います。逆風が吹き始めてからは、非常に厳しい」と肩を落とし、「供託金の没収だけは避けないと……」と急にカネの心配をし出したのだ。投票の結果、没収は免れたが、当時からカネに執着していたのだろうか。

 記者との別れ際、「次につながるような選挙をやらないとですね」と前を向き、その後、実際に19年の寝屋川市議選で当選。まさか、詐欺容疑で逮捕されるとは……。驚くばかりである。

(小幡元太/日刊ゲンダイ)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

  2. 2
    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

  3. 3
    三笘薫の市場価値がドイツ戦勝利で爆上がり!W杯後ステップアップで狙い目は英準ビッグクラブ

    三笘薫の市場価値がドイツ戦勝利で爆上がり!W杯後ステップアップで狙い目は英準ビッグクラブ

  4. 4
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  5. 5
    戸田恵梨香がついに踏み込んだ! 加速するドラマ&映画界の“過剰コンプラ”に苦言の背景

    戸田恵梨香がついに踏み込んだ! 加速するドラマ&映画界の“過剰コンプラ”に苦言の背景

  1. 6
    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

  2. 7
    ファンクラブで30代肉感的美女のエロ動画配信 茨城30歳造園業男の“イケない副業”

    ファンクラブで30代肉感的美女のエロ動画配信 茨城30歳造園業男の“イケない副業”

  3. 8
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  4. 9
    「#岸田に殺される」がもうすぐ現実に…庶民を待ち受ける大増税が着々と計画中

    「#岸田に殺される」がもうすぐ現実に…庶民を待ち受ける大増税が着々と計画中

  5. 10
    カタールW杯は史上最も不親切な大会…道を知らないウガンダ人バス運転手と恐怖のドライブ

    カタールW杯は史上最も不親切な大会…道を知らないウガンダ人バス運転手と恐怖のドライブ