ゴーマン住民の選民意識…管理員も管理会社も逃げ出す「魔窟マンション」の歴史

公開日: 更新日:

「うちは通称“傲慢マンション”。ワガママな人や、上から目線でいわゆる選民意識が強めな人が揃いも揃った、お化け屋敷みたいなもんです」

 そう自嘲気味に話すのは、S区の高級住宅地に住む青木萌香さん(仮名=30代)。マンションの特徴を放送禁止用語で表現してくれたのだが、やや抑えた言葉にしておこう。

 今回取材した中で2番目に古く、総戸数50戸以下の小規模マンションだ。高齢化や老朽化の前に、住民の話にくぎ付けに。

「管理員も管理会社も頻繁に変わってきた歴史がありまして。おそらく大手の管理会社でもブラックリストに載っているんじゃないかと思う。『あそこは嫌だ』って」

 え、だって高級マンションだし、管理費も相当お高い。何がそんなに敬遠されるのかしら……。

「はるか昔の話に遡るんですが、うちのマンションができた当初は、大手不動産会社が管理してくれていたんです。そこが近隣にもマンションを建てるというので、当時の理事会が猛抗議したらしく。景観が変わるのは正当に主張していいことですが、やり方に問題が。ヤクザのような脅し方でモメにモメて、賠償金を支払わせたらしいです。根っこにはそれもあるし、管理員や出入りの業者を下に見るというか、奴隷のように扱う人が何人かいるんですよ……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

  2. 2
    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

  3. 3
    三笘薫の市場価値がドイツ戦勝利で爆上がり!W杯後ステップアップで狙い目は英準ビッグクラブ

    三笘薫の市場価値がドイツ戦勝利で爆上がり!W杯後ステップアップで狙い目は英準ビッグクラブ

  4. 4
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  5. 5
    戸田恵梨香がついに踏み込んだ! 加速するドラマ&映画界の“過剰コンプラ”に苦言の背景

    戸田恵梨香がついに踏み込んだ! 加速するドラマ&映画界の“過剰コンプラ”に苦言の背景

  1. 6
    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

  2. 7
    ファンクラブで30代肉感的美女のエロ動画配信 茨城30歳造園業男の“イケない副業”

    ファンクラブで30代肉感的美女のエロ動画配信 茨城30歳造園業男の“イケない副業”

  3. 8
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  4. 9
    「#岸田に殺される」がもうすぐ現実に…庶民を待ち受ける大増税が着々と計画中

    「#岸田に殺される」がもうすぐ現実に…庶民を待ち受ける大増税が着々と計画中

  5. 10
    カタールW杯は史上最も不親切な大会…道を知らないウガンダ人バス運転手と恐怖のドライブ

    カタールW杯は史上最も不親切な大会…道を知らないウガンダ人バス運転手と恐怖のドライブ