富士山の“お膝元”富士宮市で2日間に6回も…有感地震の頻発は大噴火の予兆なのか

公開日: 更新日:

 気象庁は24日、桜島(鹿児島市)の南岳山頂火口で爆発的噴火があったとし、噴火警戒レベルを3(入山規制)から最高の5(避難)に引き上げた。大きな噴石が火口から約2.5キロまで飛散したとみられる。久々の大規模噴火のニュースに驚いたが、最近、専門家が注目しているのは「富士山」だ。

 25日午前7時17分ごろ、静岡県富士宮市(震源は静岡県東部)で震度3を観測する地震が発生(震源の深さは約20キロ、M3.4)したが、その後、26日正午までの間に有感地震が5回続いているのだ。

 武蔵野学院大特任教授の島村英紀氏(地震学)がこう言う。

「富士宮市は富士山の足元で、もともと地震が少ないエリア。山の中で起きているかをもう少し詳しく調べる必要はありますが、噴火の前には火山性地震が頻発しますから、要注意です」

 ちなみに、桜島の噴火は周辺の火山帯に影響を及ぼす心配がないのか。

「桜島と浅間山(長野県)に関しては、機械観測をはじめてから50回以上噴火しています。今回は大きな噴火ですが、噴火自体は珍しくない火山。日本の火山は東日本火山帯、西日本火山帯に分かれていて、富士山をはじめ、桜島の噴火が全国の火山帯に影響する心配はありません。ただ、富士山は前回の噴火が300年前に遡り、データがないのでいつ起こるかわからない」(前出の島村英紀氏)

 気象台は富士山の火山活動の関連について、否定しているが、近年の噴火の記録はないし、自然相手のこと。あらゆる自体に備えておくべきだろう。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感