<#朝日健太郎って誰だよ>がトレンド入り! 自民現職候補なのに…情勢調査では先行

公開日: 更新日:

 選挙戦が終盤に差し掛かる中、新聞各社の情勢調査で東京選挙区のトップを先行していると伝えられているのが、自民党から出馬している朝日健太郎氏(46)。

 だが、元バレーボール男子日本代表選手として知られ現職にもかかわらず、ツイッターでは<#朝日健太郎って誰だよ>がトレンドワード入りした。

 SNSには、トレンドワードに引き寄せられるように、今回当選すれば2期目となる朝日氏の“実績”が次々に列挙された。

《6年間で本会議での質問0、質問主意書0本で、議員歳費1.3億円!》
《政治活動費、僕らの血税で飲食代ばっかり》

 朝日氏はくしくも、東京新聞に掲載された候補者アンケートが同じ選挙区から出馬している生稲晃子氏(54)のものと酷似していると指摘されたことから、それぞれが《パクリ》《流用》と批判されたばかりだった。

 トレンドワード入りとともにネットは炎上し、お祭り騒ぎと化した。
 
 だが実際に朝日氏は任期中、委員会での計29回の発言のほか、調査会や小委員会でも発言。国土交通大臣政務官も務め、“まったく仕事をしていない”わけではないのだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    三浦瑠麗氏にTV出演見合わせドミノ…胸元が透けた国葬“シースルー喪服”を思い出す人も

    三浦瑠麗氏にTV出演見合わせドミノ…胸元が透けた国葬“シースルー喪服”を思い出す人も

  2. 2
    元「メロン記念日」大谷雅恵さん 借金500万円で自己破産「生活保護からは脱しましたが、生活は今もギリギリ」

    元「メロン記念日」大谷雅恵さん 借金500万円で自己破産「生活保護からは脱しましたが、生活は今もギリギリ」

  3. 3
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  4. 4
    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

  5. 5
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  1. 6
    中居正広せっかくの復帰も…自ら“年内死亡説”に言及しすぎで「逆に心配」とファンやきもき

    中居正広せっかくの復帰も…自ら“年内死亡説”に言及しすぎで「逆に心配」とファンやきもき

  2. 7
    ジャニーズ「ゴリ押し」で日本アカデミー賞“権威失墜”…レコード大賞と同じ末路をたどる?

    ジャニーズ「ゴリ押し」で日本アカデミー賞“権威失墜”…レコード大賞と同じ末路をたどる?

  3. 8
    高橋文哉「10クール連続ドラマ出演」がアダに? イケメン枠がゆえのジレンマと今後の課題

    高橋文哉「10クール連続ドラマ出演」がアダに? イケメン枠がゆえのジレンマと今後の課題

  4. 9
    岸田パパも政治資金で土産爆買い3年544万円超! ボンクラ長男秘書官と父子揃って高級好き

    岸田パパも政治資金で土産爆買い3年544万円超! ボンクラ長男秘書官と父子揃って高級好き

  5. 10
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き