出井康博
著者のコラム一覧
出井康博ジャーナリスト

いでい・やすひろ 1965年、岡山県生まれ。早大政経学部卒業。英字紙「THE NIKKEI WEEKLY」記者などを経て、フリー。著書に「移民クライシス 偽装留学生、奴隷労働の最前線」(角川新書)、「ルポ ニッポン絶望工場」(講談社+α新書)など。

(60)大手紙の夕刊はベトナム人奨学生だけでなく新聞販売所も苦しめている

公開日: 更新日:

 都内の朝日新聞販売所で働いていたベトナム人のキエット君(21)は今年4月の大学進学に際し、「新聞奨学生」を続けるかどうか迷った。

「(留学生に許される)週28時間のアルバイトでは、大学の学費を払えば経済的に苦しい。その点、奨学生を続ければ奨学金がもらえます。でも、新聞配達の仕事をすれば、勉強する時間が取れなくなってしまうのです」

 結局、彼は奨学生を辞める決断をした。

「大学の近くにある販売所に移って働けば、日本に来た頃のように、また長時間の仕事をやらされるかもしれません。違法就労は二度と嫌です。せめて夕刊の配達がなく、朝刊だけの仕事だったら奨学生を続けていたのですが……」

 夕刊を廃止し朝刊だけに──これはキエット君のようなベトナム人奨学生のみならず、販売所の願いでもある。

■収入は1つの契約で「月300円」

 朝日は「朝夕刊セット版」の購読料を月4400円、夕刊のない地域の「統合版」を月3500円に設定している。一方、東京のように夕刊のある地域で朝刊のみを購読すると、販売所によって料金の差はあるが、月4100円程度だ。夕刊も配達してもらう場合と300円ほどしか変わらない。つまり、1つの契約につき「月300円」というわずかな収入を得るために、販売所は夕刊配達の人員が必要となるわけだ。結果、ベトナム人らに違法就労を強いる状況が生まれるのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  2. 2
    ロンブー淳「ガーシー砲」被弾! “女癖の悪さ”露呈で悲願の政界進出に黄色信号

    ロンブー淳「ガーシー砲」被弾! “女癖の悪さ”露呈で悲願の政界進出に黄色信号

  3. 3
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  4. 4
    萩生田氏は“閣外逃亡”で旧統一教会癒着の追及逃れ 経産大臣続投希望はとんだ茶番だった

    萩生田氏は“閣外逃亡”で旧統一教会癒着の追及逃れ 経産大臣続投希望はとんだ茶番だった

  5. 5
    上川隆也は“ポスト水谷豊”か…夏ドラマ不調の中で「遺留捜査」抜群の安定感

    上川隆也は“ポスト水谷豊”か…夏ドラマ不調の中で「遺留捜査」抜群の安定感

  1. 6
    夏の甲子園で選手の熱中症多発 猛暑問題放置は「高野連の改革アレルギー」と識者バッサリ

    夏の甲子園で選手の熱中症多発 猛暑問題放置は「高野連の改革アレルギー」と識者バッサリ

  2. 7
    国際派女優となった島田陽子さんを“潰した”のは誰だったのか?

    国際派女優となった島田陽子さんを“潰した”のは誰だったのか?

  3. 8
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  4. 9
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  5. 10
    「日本ハムには選手を預けたくない」高校野球の取材現場で聞こえる新庄監督への冷めた反応

    「日本ハムには選手を預けたくない」高校野球の取材現場で聞こえる新庄監督への冷めた反応