参院選の争点に岸田政権の“コロナ失政”急浮上の目 都は「警戒レベル」を引き上げ

公開日: 更新日:

 30日の東京の新型コロナウイルスの新規感染者数は前週木曜日より1208人増えて3621人。前週同曜日を上回るのは13日連続だ。都は警戒レベルを引き上げ、専門家は「再来週に5000人超になりかねない」と指摘。全国的にも増加傾向がみられ、にわかにコロナ対策が参院選の争点に浮上する可能性が出てきた。

 岸田政権下の第6波(今年1~4月)のコロナ陽性者の死者数は1万1100人を超え、過去最多だった。これは岸田政権による人災と言える。岸田政権は3回目のワクチン接種時期について、2回目から「8カ月後」との方針に固執。オミクロン株の蔓延を許した後に、ようやく高齢者接種を本格化させた。このため、ワクチン効果が切れていた高齢者が次々と命を落とした。

 また、オミクロン株の感染者は、肺炎など重症化せずに亡くなるケースが少なくなかった。ところが、岸田首相は「重症者の病床数は余力がある」とピンボケ答弁を繰り返し、“重症に至らぬ死”に対し、何ら有効策を打たなかった。

「安倍、菅政権もひどかったですが、岸田首相のコロナ対応は最悪です。口では“先手先手”と言いながら、後手の極みでした。冬の前に、高齢者の3回目接種を終えられなかったのは、悔やまれる大失態です。過去最多の死者数も含め、岸田政権のコロナ失政は参院選でもっと問われていいはずです」(西武学園医学技術専門学校東京校校長の中原英臣氏=感染症学)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  2. 2
    ロンブー淳「ガーシー砲」被弾! “女癖の悪さ”露呈で悲願の政界進出に黄色信号

    ロンブー淳「ガーシー砲」被弾! “女癖の悪さ”露呈で悲願の政界進出に黄色信号

  3. 3
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  4. 4
    萩生田氏は“閣外逃亡”で旧統一教会癒着の追及逃れ 経産大臣続投希望はとんだ茶番だった

    萩生田氏は“閣外逃亡”で旧統一教会癒着の追及逃れ 経産大臣続投希望はとんだ茶番だった

  5. 5
    上川隆也は“ポスト水谷豊”か…夏ドラマ不調の中で「遺留捜査」抜群の安定感

    上川隆也は“ポスト水谷豊”か…夏ドラマ不調の中で「遺留捜査」抜群の安定感

  1. 6
    夏の甲子園で選手の熱中症多発 猛暑問題放置は「高野連の改革アレルギー」と識者バッサリ

    夏の甲子園で選手の熱中症多発 猛暑問題放置は「高野連の改革アレルギー」と識者バッサリ

  2. 7
    国際派女優となった島田陽子さんを“潰した”のは誰だったのか?

    国際派女優となった島田陽子さんを“潰した”のは誰だったのか?

  3. 8
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  4. 9
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  5. 10
    「日本ハムには選手を預けたくない」高校野球の取材現場で聞こえる新庄監督への冷めた反応

    「日本ハムには選手を預けたくない」高校野球の取材現場で聞こえる新庄監督への冷めた反応