池田保行
著者のコラム一覧
池田保行ファッションエディター&ライター

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。「All Aboutメンズファッションガイド」も務める。

“胸ポッチ”問題を解決!「男性用ブラジャー」は理想の夏用インナーだ

公開日: 更新日:

 乳首がポチッと浮くのが嫌なので、夏場はトップス1枚のみで着ないようにしている。できるだけ上にシャツかジャケットを羽織り、トップスの中にインナーとして、白か黒のTシャツを重ね着している。ついでにインナーは襟元や袖口、裾部分にわざと2~3センチほどのぞかせ、無造作な重ね着を装うのが夏の着こなしの「マイ定番」だ。

 しかし先日、プレゼンの席で、黒い半袖ポロシャツの裾から白Tをのぞかせたまま立ち上がろうとしたら、下着が見えているので直したほうがいいと指摘された。

「なるほど」と白Tの裾をズボンに収めたが、そのときにふと、裾が短い、胸だけ隠れる男性用下着があればいいのにと思った。

■男性ブラジャートップス1枚スタイルを美しく

 少し前にメディアでも取り上げられていたが、ブラジャーを利用する男性が増えているそうだ。ファッションエディターとして、以前から男性用のスカートや、フリル付きのフェミニンな男性用ドレスシャツがあってもいいのにという立場だったので、令和の多様性の時代、男性がブラジャーを着けることに抵抗はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「パナウェーブ研究所」は大学助教授の死亡で5人逮捕…19年前に白装束で世間を騒がす

    「パナウェーブ研究所」は大学助教授の死亡で5人逮捕…19年前に白装束で世間を騒がす

  2. 2
    佐々木朗希は首脳陣の助言を“右から左”…大谷・イチロー・松井秀にも通じる「頑迷力」

    佐々木朗希は首脳陣の助言を“右から左”…大谷・イチロー・松井秀にも通じる「頑迷力」

  3. 3
    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

  4. 4
    クビになった筒香がなぜモテる? 今度は強豪ブルージェイズとマイナー契約、その秘密は…

    クビになった筒香がなぜモテる? 今度は強豪ブルージェイズとマイナー契約、その秘密は…

  5. 5
    山際経済再生相やっぱり旧統一教会とズブズブ!はるばる“ネパール詣で”の過去

    山際経済再生相やっぱり旧統一教会とズブズブ!はるばる“ネパール詣で”の過去

  1. 6
    毒蛇じゃなくてよかった…トルコでヘビを噛み殺した2歳の少女が話題に

    毒蛇じゃなくてよかった…トルコでヘビを噛み殺した2歳の少女が話題に

  2. 7
    亡き息子の“33年前のメッセージ”が川底のビンの中から…奇跡の発見に米国の両親は涙

    亡き息子の“33年前のメッセージ”が川底のビンの中から…奇跡の発見に米国の両親は涙

  3. 8
    ロシア将軍が次々と戦死…不穏な「クトゥーゾフ少将」の訃報

    ロシア将軍が次々と戦死…不穏な「クトゥーゾフ少将」の訃報

  4. 9
    渡辺美奈代は“家族総出”で工藤静香と差別化? 元おニャン子芸能一家のシタタカ生き残り戦略

    渡辺美奈代は“家族総出”で工藤静香と差別化? 元おニャン子芸能一家のシタタカ生き残り戦略

  5. 10
    大谷27号2ラン! 2年連続40本塁打の難敵に“来季ビミョー”な有原航平

    大谷27号2ラン! 2年連続40本塁打の難敵に“来季ビミョー”な有原航平