出井康博
著者のコラム一覧
出井康博ジャーナリスト

いでい・やすひろ 1965年、岡山県生まれ。早大政経学部卒業。英字紙「THE NIKKEI WEEKLY」記者などを経て、フリー。著書に「移民クライシス 偽装留学生、奴隷労働の最前線」(角川新書)、「ルポ ニッポン絶望工場」(講談社+α新書)など。

(58)朝日新聞販売所の“外国人頼み”を助長する「人手不足」「部数減」「押し紙」

公開日: 更新日:

 都内の朝日新聞は、配達の4割程度をベトナム人奨学生をはじめとする外国人留学生が担っているとみられる。そして彼らの多くが「週28時間」を超える就労を強いられている。なぜ、そんな状況なのか。朝日の新聞販売所関係者が言う。

「理由は2つ。その1つが販売所の人手不足。都会では、新聞配達をしようという日本人は珍しい。同じ配達の仕事ならウーバーイーツの方が時間は自由だし、金になりますからね。中小の販売所には、経営者が自らバイクで新聞配達しているような店もあります。数年前までは考えられなかったことですよ」

 コンビニで夜勤のバイトが見つからず、オーナーが徹夜で働くケースがあるが、似たような状況が新聞販売所でも起きているわけだ。

「もう1つの理由が経営難です。販売所の経営はどこも苦しい。だから人件費の安い外国人に頼ろうとするのです」

 販売所の主な収入源は新聞の「購読料」と折り込みチラシの「広告料」だが、どちらも近年、落ち込みがひどい。

 一般社団法人「日本新聞協会」によれば、一般紙の販売部数は昨年10月時点で3066万部と、1990年代のピーク時から2000万部、直近の6年間で1000万部も減った。かつて「800万部」を誇った朝日の部数も、昨年11月で449万部と、前年比で40万部以上減少(「日本ABC協会」データ)している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

  4. 4
    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

  5. 5
    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

  1. 6
    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

  2. 7
    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

  3. 8
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 9
    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

  5. 10
    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声

    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声