津野田興一
著者のコラム一覧
津野田興一都立立川高校教諭

1965年生まれ。東京都立大学大学院人文科学研究科史学専攻修了。現在、東京都立立川高校で世界史を教える。著書に「世界史読書案内」(岩波ジュニア新書)、「やりなおし高校世界史―考えるための入試問題8問」(ちくま新書)、「第2版 ポイントマスター世界史Bの焦点」「『なぜ!?』からはじめる世界史」(山川出版社)など。

ロシア革命(中)ソ連建国の父・レーニン 「流刑地の愛」から権力奪取まで

公開日: 更新日:

 今回はポスター(図①)の読み解きに挑戦してもらいましょう。一体、何が描かれているのでしょうか?

■ハイブリッドな血筋

 ソ連建国の父レーニン(写真②)は、1870年にロシア西部を流れるヴォルガ川中流のシムビルスクという町に生まれます。父方の祖父母は遊牧の民であるカルムイク人、母方の祖父はウクライナ生まれのユダヤ人、祖母はドイツ人とスウェーデン人のハーフというハイブリッドな血筋でした。

 革命運動に傾倒した4歳年上の実兄が皇帝暗殺未遂事件に関与して処刑されますが、レーニンは大学に進み、弁護士資格を取る傍ら、マルクス主義を受け入れてゆきました。

 ちなみにレーニンの本名はウラジミール=イリイーチ=ウリヤーノフと言います。ロシア=マルクス主義の父と言われる社会主義者のプレハーノフがヴォルガ川由来の「ヴォルギン」というペンネームを使っていたことに感化され、シベリアのレナ川に由来するレーニンと名乗ったのが始まりでした。

 1895年、レーニンは革命運動を理由に逮捕され投獄の後、97年に東シベリアへ流刑されます。この時、同じく流刑されていた夜間学校教師のクルプスカヤと結婚。刑期終了後の1900年、スイスへ亡命しました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず