鼻の穴に10年間も詰まっていた5ペンス硬貨 英在住の男子の身に何が!

公開日: 更新日:

 世の中には「本当にこんなことが?」という出来事が起きる。

 英ロンドン在住のウマール・カマル君(14)には以前から鼻の奥が痛む持病があり、定期的に耳鼻科に通っていた。先週のある日、いつもより激痛が走ったので、2階の自室にこもっていたという。

 鼻の奥に硬い物があるのを感じたので、左の鼻の穴を押さえて右の穴から思い切り息を吐き出した。すると鼻の穴から5ペンス硬貨が飛び出してきたのだ。

 カマル君は約10年前、いたずらで硬貨を鼻の穴に入れたのをおぼろげに覚えており、その時の硬貨が飛び出してきたのだった!

 母親は「あまりにも突然のことだったので、まったく予想していませんでした」。耳鼻科に通っていても鼻の奥を調べられたことはなかったと驚嘆した。

 大きな異物であれば鼻腔を塞ぐが、小さいコインだったために呼吸ができていたのだ。

 ロシアでは2020年、約50年間、鼻に詰まっていたコインが出てきたことがあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

  2. 2
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  3. 3
    ビートたけしの寂しすぎる最晩年に思うこと…「フライデー」編集長時代の思い出

    ビートたけしの寂しすぎる最晩年に思うこと…「フライデー」編集長時代の思い出

  4. 4
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  5. 5
    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

    「眞子さんの乱」が思春期の悠仁さまに落とした影…予定していた進学コースに狂い

  1. 6
    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

    桜田淳子は「広告塔」として布教に貢献…教団内での現在の立ち位置は?

  2. 7
    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

    桜田淳子が統一教会の合同結婚式出席 実兄は「もう縁を切ったようなもの」

  3. 8
    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

    3000万匹に1匹のはずが…米ミシシッピ州でまた“激レア”のロブスター見つかる

  4. 9
    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

    プロゴルフのキャディーはどのくらい稼ぐ? 契約金は交通費・宿泊代込み「1試合12万円」

  5. 10
    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ

    大谷翔平はエ軍消化試合でも全力プレー 「投打規定数Wクリア狙い」に金満球団ヤキモキ