障害レースのオートゥイユ競馬場で優雅にシャンパンのランチを

公開日: 更新日:

【番外編】パリ・オートゥイユ(1)

 今回のギャンブル旅は番外のパリ編を。

 パリに出かけたのはおよそ2年半ぶり。日本がたまたま4月10日に1日の入国者数を1万人に広げたタイミングだった。出かけてみるとフランスは3月半ばでメトロ、バスなどの公共施設でのマスク着用の義務だけになり、屋外ではほぼノーマスクになっていた。

 セーヌ川クルーズなどは大盛況で、後から写真を見るとマスクを着けているのはたった一人だった。かの国と日本の違いはこの事実がすべてを物語っている。

 フランスではこれまでも競馬場に出かけている。シャトーのあるシャンティイと19年に立ち寄ったドーヴィルの2場。今回は障害レース専門のオートゥイユと、秋には今年の日本ダービー馬、ドウデュースが走るといわれている凱旋門賞のロンシャンで、どちらもパリの西、ブローニュの森にある。

 14日はオートゥイユ。案内役はマダム悦子。悦子さんは以前、フジテレビの凱旋門賞の中継や日本向けにつくったオートゥイユの紹介映像の制作を手伝ったこともある。

 オートゥイユへはメトロを利用、10番線のオートゥイユ駅で下車する。この時は1つ手前の駅で降りて街を歩き、手持ちがあまりないので、クレジットカードでキャッシングしたのだが、「引き出し」と日本語表記が出てきたのはビックリ。途中、売店で競馬新聞も購入した(2.2ユーロ=約300円)。

地下道から地上に出たところで…

 悦子さんとは地下道からの階段を上がった入り口で待ち合わせした。待っていると生い茂る木立から肩にポトリと何か落ちてきた。鳩の糞! 悦子さんにラインすると「ウンがついて当たりそう」と返ってきたが……。

 オートゥイユの始まりは古い。1873年。5月25日に行われる「パリ大障害」のコースとしても知られる。入場料が高い。1人5ユーロ(約700円)。メインスタンドは白が基調の瀟洒な造り。ホームスタンド裏にパドックがあり、その前のレストランがすでに賑わっていた。

 レースは8レース制で1Rのスタートは13時50分。何はともあれ、2Rを買うことに。

「何を買えばいいの?」と悦子さんに聞かれるが、皆目わからない。競馬新聞も場内で調達した出走表も馬名、オーナー、厩舎などがわかる程度、前走までの成績がどうにもわかりにくい。よくこれで馬券が買えるなあと思ったが、いやいや、フランス語もわからずに馬券を買おうとしているアンタは、と言われそうだ。

 賭け式はレースによって異なり、単勝、馬連、3連複、3連単、4連単、5連複など。

「2Rは④が除外で①②③⑤の4頭。僕は①②③の3連複1点」

パドック前のレストランで乾杯!

 的中したのは悦子さんで一番人気薄の⑤の単勝を2ユーロ買って9.4倍、18.8ユーロの払い戻しに。「ランチの足しにして」といわれ、パドック前のレストランへ。ここはファンがパドックの内側に入ることができる。同行した絵描きがパドックの中に入って馬を間近に見ながら写真を撮っている。

「シャンパンを頼みますか」

 運ばれてきたのはモエだった。値段を見たら75ユーロ(約1万円)。円安が痛い。まずは乾杯し、チーズとハムの盛り合わせ、グリーンアスパラガス、オイルサーディンを。

 周囲は酔って赤ら顔のちょっとオシャレなおっさんたちがコロナからの解放感もあって、ハグしたり陽気に騒ぐ。この時期、日本人がいるのは珍しいせいか、とてもウエルカムな雰囲気。大人の社交場でゆったりランチタイムを過ごした。

(文=峯田淳/日刊ゲンダイ)

■データ(メトロ)回数券(カルネ)
20枚33.8ユーロ=4729円、1枚236円

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  2. 2
    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

  3. 3
    盗難車数は昨年比2500%増! ゲーム感覚で韓国車を盗む「KIAチャレンジ」が米国で急増中

    盗難車数は昨年比2500%増! ゲーム感覚で韓国車を盗む「KIAチャレンジ」が米国で急増中

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

  1. 6
    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

  2. 7
    出産で重い脳性まひに…救済求め障害ある我が子と会見に臨んだ母親たちの覚悟

    出産で重い脳性まひに…救済求め障害ある我が子と会見に臨んだ母親たちの覚悟

  3. 8
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  4. 9
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  5. 10
    “オミクロン対応”新ワクチンの疑問…未接種者や1回のみでは打てないのか?厚労省に聞いた

    “オミクロン対応”新ワクチンの疑問…未接種者や1回のみでは打てないのか?厚労省に聞いた