児玉愛子
著者のコラム一覧
児玉愛子韓国コラムニスト

韓流エンタメ誌、ガイドブック等の企画、取材、執筆を行う韓国ウオッチャー。新聞や雑誌、Webサイトで韓国映画を紹介するほか、日韓関係についてのコラムを寄稿。

テッケムンvsゴンサラン! 支持層が分かれる文在寅前大統領と新ファーストレディー

公開日: 更新日:

 今月、尹錫悦(ユン・ソンニョル)新大統領が誕生した韓国だが、退任した文在寅(ムン・ジェイン)前大統領は韓国の大統領にしては珍しく4割超という支持率のまま任期を終えることになった。2000年以降、韓国の大統領はいずれも任期終盤で支持率を25%前後まで落としている。文前大統領は異例中の異例で、支持層は30~40代が多く、特に女性からの人気が高い。文前大統領を支持していた韓国人女性も「国民から愛された大統領でした」と、しんみり語る。

 文前大統領は就任当初から自らを“フェミニスト大統領”と呼び、清廉潔白に見せていた。その演出を手掛けていたのは当時の秘書官で、文前大統領が若い側近たちと一緒に白いワイシャツ姿でコーヒーを片手に談笑しながら青瓦台(大統領府)を歩く姿を公開。その姿は人気マンガ「花より男子」のイケメン4人組にちなみ“青瓦台F4”と呼ばれ、国民にクリーンな印象を与えた。当時の人気ぶりは大統領というよりも、まるで銀幕のスターのようだった。

 文前大統領の支持層を示す文派(ムンパ)という造語も生まれ、特に熱狂的な支持者は「頭がカチ割れても文在寅(テガリ=頭が、ケジョド=壊れても、文在寅)」の略で、“テッケムン”と呼ばれた。こうしたテッケムンの人たちは、何が起ころうと文前大統領を責めることはない。悪いことはすべて朴槿恵(パク・クネ)元大統領のせい。不動産の高騰、経済格差の拡大、戦後最悪といわれる日韓関係などの悪材料についても「保守系メディアの策略」と言い切る韓国人女性もいた。その結果、大統領選では野党に敗北し、政権交代となったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    仰木さんと川崎球場から銀座のクラブに直行…小宮悦子アナとの関係を尋ねると

    仰木さんと川崎球場から銀座のクラブに直行…小宮悦子アナとの関係を尋ねると

  2. 2
    大谷メジャー自己最多13Kのアッパレ! エ軍を見限るか、グラウンド内外の惨状が二刀流に与える影響

    大谷メジャー自己最多13Kのアッパレ! エ軍を見限るか、グラウンド内外の惨状が二刀流に与える影響

  3. 3
    堀ちえみ“病魔ふたたび”で満身創痍…「デビュー40周年コンサート」実現への思いが支えに

    堀ちえみ“病魔ふたたび”で満身創痍…「デビュー40周年コンサート」実現への思いが支えに

  4. 4
    お得に出かける「シニア旅」最大60%オフになるサービスも

    お得に出かける「シニア旅」最大60%オフになるサービスも

  5. 5
    日本ハム新庄監督ショック…リーグ戦再開後5連敗より深刻な守護神・北山の連続救援失敗

    日本ハム新庄監督ショック…リーグ戦再開後5連敗より深刻な守護神・北山の連続救援失敗

  1. 6
    能登半島の次は小笠原諸島で…父島近海M6.2の揺れは南海トラフの予兆か?専門家に聞いた

    能登半島の次は小笠原諸島で…父島近海M6.2の揺れは南海トラフの予兆か?専門家に聞いた

  2. 7
    「投壊巨人」桑田流メソッドは悪化の一途…総失点・与四球とも12球団ワーストの泥沼

    「投壊巨人」桑田流メソッドは悪化の一途…総失点・与四球とも12球団ワーストの泥沼

  3. 8
    阪神が陥る“鯉わずらい”の元凶はベンチワークにあり サヨナラ負けで広島に今季10戦未勝利

    阪神が陥る“鯉わずらい”の元凶はベンチワークにあり サヨナラ負けで広島に今季10戦未勝利

  4. 9
    米プロバスケの審判が試合中に心臓発作! 命を救った選手の“本業”は…

    米プロバスケの審判が試合中に心臓発作! 命を救った選手の“本業”は…

  5. 10
    ナインティナインはNSCをクビになっていた!「岡村・矢部出入り禁止」事件

    ナインティナインはNSCをクビになっていた!「岡村・矢部出入り禁止」事件