藤田崇義
著者のコラム一覧
藤田崇義

1974年、京都市出身。中1で“乗り鉄”に開眼し日本中の鉄道を乗り歩く。高2のとき当時の“JR全線完乗”を達成。以後、海外の鉄道へ関心を移す。現在、国内鉄道全線完乗に挑戦中。

四国「バースディきっぷ」を利用して体験した、線路も道路も走行できるDMVの乗り心地

公開日: 更新日:

 昨年末、DMVという新種の乗り物が四国に登場した。これは「デュアル・モード・ビークル」の略で、線路上も道路上も走行できるといういわば「両生類」である。

 どんな代物か興味があったので、「バースディきっぷ」の使える4月を待ち、阿佐海岸鉄道へ乗りに出かけた。

 4月13日、高松発7時23分の特急で御免へ出て、土佐くろしお鉄道に乗り換えて奈半利着10時50分。この先は高知東部交通のバスで土佐湾を眺めて走り、やがて段丘に沿った細い集落を抜けたら室戸世界ジオパークセンターで12時10分着。

 さらにバスを乗り継いで「夫婦岩」なんて看板も現れる磯波砕け散る海岸を北上し、海の駅東洋町には12時47分に到着。

車内はマイクロバス風

 近くで食事を済ませてから戻ると13時24分発のDMVがやってきた。見た目はボンネットの張り出したマイクロバスで、車内もそれと変わりはない。着席18、立席3と輸送力が限られるためホームページでも予約を勧めているが、先客は5人で難なく乗れた。

 甲浦駅では高架までスロープができており、それを登るとモードチェンジ場で、アップテンポのBGMが流れているうちに車両が持ち上がる。やや後ろに傾いた態で鉄道区間に入ると、前後を二輪台車で支えているからトロッコのような振動が尻に伝わる。

 車体が小さい分、周囲の景色も手近に眺められるなと思っているうち13時49分、阿波海南駅に着いて700円支払い下車。後続のDMVのモードチェンジを見学した後、14時8分発の牟岐線で徳島へ向かった。

線路も道路も走行できる

 さて、一度乗っただけでDMVの効用について論じる資格もなかろうが、乗車後、近頃都内でもたまに見かける水陸両用バスのことが頭に浮かんだ。

 私は今回、DMVが目当てではるばる室戸岬を回って甲浦を訪れた訳で、水陸両用バス同様、DMVも乗車体験そのものが観光になるようであれば、廃線跡を用いたリゾート地へのアクセス等として着目されるのかもしれぬ。

 但し、私は水陸両用バスにもまだ乗っていない。DMVとどの程度似通った印象を受けるのか、いずれ確かめねばなるまい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 2
    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

  3. 3
    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

  4. 4
    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

  5. 5
    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

  1. 6
    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

  2. 7
    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

  3. 8
    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

  4. 9
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 10
    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…

    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…