全国で相次ぐコロナワクチン廃棄 上昌広氏は「打つべき人を国が決めていること」を問題視

公開日: 更新日:

 国が配布した3回目接種の新型コロナワクチンが、使われないまま有効期限が切れ廃棄する自治体が相次いでいる。

 東京都ではすでに4月末に中野区が1万4000回分、目黒区6000回分、文京区1600回分、杉並区で800回分などが廃棄処分されている。いずれもモデルナ製ワクチンの廃棄だが、こうした新型コロナワクチンの廃棄はいま全国に広がっているのだ。

 昨年12月に開始した3回目ワクチンの接種率は、5月19日までの約半年間で57%。20代、30代の若い年代層の接種が進まないことが在庫を増やす原因のひとつといわれるが、接種希望者がファイザー製ワクチンに比べ、モデルナ製ワクチンを敬遠することがより大きな原因のようだ。

■不人気過ぎるモデルナ

 大阪市は1月に約30万回分のモデルナ製ワクチンが配布されたが、4月末で約8万5000回分を廃棄している。大阪市の新型コロナウイルス感染症対策グループの担当者が言う。

「若い方の接種率が思うように伸びなかったことや、ワクチンの使用有効期限が3カ月というものが多く、使い切れずに廃棄せざるを得ませんでした。またどこの自治体も同じだと思いますが、モデルナ製を希望される方が少ないことが大きな原因になっているんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  2. 2
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  3. 3
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  4. 4
    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

  5. 5
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  1. 6
    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

  2. 7
    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

  3. 8
    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

  4. 9
    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

  5. 10
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外