「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

公開日: 更新日:

 米ニューヨーク州ロングアイランド島で先日、ある男が拳銃の不法所持でサフォーク郡警の警察官に逮捕された。

 郡警は5月22日、男から押収した拳銃の写真をフェイスブックにアップし、事情を説明したところ、この投稿がバカ受け! その拳銃が骨董品と言っていいくらい古いものだったからだ。

 レミントン・ダブル・デリンジャーという2連装の小型の護身用拳銃で、製造が始まったのは1866年! あまりの古さに、コメント欄にはジョークが相次いで投稿されている。

「逮捕されたのは1879年か?」

「大量虐殺を未然に防ぐことができてよかった」

「逮捕したのは誰? ワイアット・アープ(OK牧場の決闘で知られる西部開拓時代の保安官)か?」

「この悪党を逮捕し、拳銃を押収した保安官のおかげで、真昼の駅馬車強盗が未然に阻止された!……冗談はさておき、素晴らしいお仕事、感謝します」

 ちなみにダブル・デリンジャーは、1970年代にヒットした漫画「ワイルド7」の女性隊員ユキの愛用拳銃だった。往年の読者は思わずニンマリかも!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記