メキシコ湾の浅瀬で「入れ歯」を発見! 米国人男性がフェイスブックで持ち主を突き止めた

公開日: 更新日:

 米ミシシッピ州に住むアーロン・ウェルボーンさん(写真)は先日、妻のブレアさんとアラバマ州のメキシコ湾に面したリゾート地ガルフショアーズへ遊びに行った。

 5月13日、アーロンさんが海でシュノーケリングを楽しみ、ビーチに向かって泳いでいた時のこと。海の底で何かが歯をむき出しにして自分に笑いかけているように感じた。一瞬ギョッとしたが、よく見ると人間の歯のようだ。潜って手に取ってみると、なんと入れ歯!

 写真はその直後のひとコマだ。入れ歯には「ランディー・ウイリアムス」という名前が記されていた。

 アーロンさんは入れ歯をランディーさんに返してあげようと思い、フェイスブックに入れ歯の写真を投稿。「ガルフショアーズの海でこれを見つけました」「入れ歯をなくされたランディー・ウイリアムズさんをご存じの方はいませんか? お返したいのです」と情報提供を求めたところ、写真が妙にシュールなことも手伝ってか、急拡散。

 すぐにランディーさんがウィスコンシン州に住んでいることが分かった。アーロンさんの従姉妹がランディーさんを知っていたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「さんまのまんま」で考えたコンプライアンス…“裸の王様”に気付かないテレビの愚かさ

    「さんまのまんま」で考えたコンプライアンス…“裸の王様”に気付かないテレビの愚かさ

  2. 2
    渡辺裕之さんを亡くした原日出子さんが「遠くへ行きたい」で見せた“旅人の笑顔”

    渡辺裕之さんを亡くした原日出子さんが「遠くへ行きたい」で見せた“旅人の笑顔”

  3. 3
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  4. 4
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  5. 5
    いつまでたっても気持ちが弱い菊池雄星がもどかしい…年俸はエース級なのに

    いつまでたっても気持ちが弱い菊池雄星がもどかしい…年俸はエース級なのに

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    大関・御嶽海は先場所の負傷を赤裸々に…最近の力士が自分のケガを自分で暴露するワケ

    大関・御嶽海は先場所の負傷を赤裸々に…最近の力士が自分のケガを自分で暴露するワケ

  3. 8
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  4. 9
    「空き缶」争奪バトルが勃発! アルミ価格が1年で2倍に高騰…収集に一般人まで参入

    「空き缶」争奪バトルが勃発! アルミ価格が1年で2倍に高騰…収集に一般人まで参入

  5. 10
    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」