出井康博
著者のコラム一覧
出井康博ジャーナリスト

いでい・やすひろ 1965年、岡山県生まれ。早大政経学部卒業。英字紙「THE NIKKEI WEEKLY」記者などを経て、フリー。著書に「移民クライシス 偽装留学生、奴隷労働の最前線」(角川新書)、「ルポ ニッポン絶望工場」(講談社+α新書)など。

(31)「誓約書」と「賠償金」を“後出し” ベトナムでの面接時には見せなかった

公開日: 更新日:

 仙台市内の日本語学校がベトナム人留学生に求めていた誓約書への署名問題。誓約書で、ビザ変更に対する高額な「賠償金」を定める行為自体、日本語学校として許されない「人権侵害行為」だと、古川禎久法務大臣も国会で断言した。その誓約書への署名を、留学生が学費を支払った後で求めていたとすれば、さらにタチが悪い。

 元留学生のディエプさんに誓約書が届いたのは「2020年10月7日」だった。半年以上前に入学金や学費など123万円を支払い、新型コロナの影響で入国待機していた最中のことである。

「もちろん、サインはしなかった。でも、11月に来日して学校に行くと、署名を求められたのです」

 入学前の面接などでは、誓約書の話は全くなかったという。事実であれば、学校は誓約書を“後出し”したことになる。

 誓約書への署名はいつ求めたのか。私が当初送った質問に、学校理事長はこう回答していた。

<ベトナム人職員に確認したところ、誓約書はベトナムで渡し、内容を確認した上で署名してもらって持参していたとのことです。しかし、持参忘れの人たちに来日後、書いてもらったこともあったかもしれない、とのことでした>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 2
    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

  3. 3
    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

    “キムタク信長”にファン賛否…時代劇に求められる「共演者を生かす演技」

  4. 4
    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

    大谷翔平の移籍先に「メッツ最有力」と米報道 屈指の資産家オーナーが付ける破格の値段

  5. 5
    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

  1. 6
    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

    女子プロに激高して“職務放棄”…ブチ切れ大江順一キャディーの過去トラブルと評判

  2. 7
    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

  3. 8
    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

    日本ハム新庄監督インスタ2度目のブチ切れで分かった…“ハートは繊細”の意外

  4. 9
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 10
    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…

    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…