髙橋裕樹
著者のコラム一覧
髙橋裕樹弁護士

「すべては依頼者の笑顔のために」がモットー。3000件を超す法律相談実績を持ち、相続や離婚といった身近な法律問題から刑事事件、企業法務まで何でもこなすオールマイティーな“戦う弁護士”。裁判員裁判4連続無罪の偉業を成し遂げた実績を持つ。アトム市川船橋法律事務所。

4630万円誤送金問題で24歳男性の個人情報を公開 山口県阿武町の対応は正しいのか

公開日: 更新日:

 山口県阿武町による4630万円もの特別給付金の誤送金問題が連日話題となっています。24歳男性が逮捕され、ネットカジノで全額負けたということになっていますが、私が気になったのは、阿武町の対応です。

 逮捕に先立ち、阿武町は、不当利得返還等訴訟を提起するのに併せて男性の氏名、住所が記載された訴状を町内の広報誌やインターネット上に公開しました。これを受け、ネット上では、阿武町のホームページへのアクセスが集中しサーバーがダウンしたり、いわゆる特定班と呼ばれる人たちによって、男性の顔写真などが公開されるといった状況となっていました。

 今回の事件で、逮捕された男性は詐欺罪(電子計算機使用詐欺罪)や窃盗罪といった刑事上の責任を問われていくことになります。しかし、その逮捕前に、男性の個人情報を全国に公開したことについては、やりすぎではないかとの意見もあります。

 そもそも今回のオソマツな誤送金の原因は、ほかでもない町の職員の凡ミスです。

 阿武町としては、男性に関する情報提供や、資産流用状況を把握する目的で個人情報を明らかにしたのかもしれません。しかし、殺人など凶悪犯罪の逃亡犯とは違います。インターネットを利用して全国に指名手配犯のように公開するまでの必要性はないでしょう。

 インターネットで一度拡散した情報は、一生消えることなく残り続けます。「デジタルタトゥー」と呼ばれる状況に陥ってしまった被害者も多くいます。

 名誉やプライバシーの観点からは、阿武町はもう少し慎重でもよかったのではないかと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記