出井康博
著者のコラム一覧
出井康博ジャーナリスト

いでい・やすひろ 1965年、岡山県生まれ。早大政経学部卒業。英字紙「THE NIKKEI WEEKLY」記者などを経て、フリー。著書に「移民クライシス 偽装留学生、奴隷労働の最前線」(角川新書)、「ルポ ニッポン絶望工場」(講談社+α新書)など。

(30)理事長は一部のベトナム人に要求する誓約書や保証金を「やむを得ない」と主張

公開日: 更新日:

 仙台市内の日本語学校でベトナム人留学生に対して起きた問題に関して連載21回から取り上げ始めて以降、同校の理事長からメールが届き続けている。連載を<一方的に学校を非難する内容>と批判した上で自らの言い分を毎回つづっている。

 理事長の主張は後に連載で紹介するつもりでいた。その前に学校名を出すことも避けているが、記事の訂正まで求められては無視するわけにもいかない。まず、「賠償金」300万円について定めた誓約書に関し、理事長は私とのインタビューでこう語っていた。

「誓約書を導入したのは2017年からです。ウチの(留学)ビザ交付率は100%。(元実習生が)ここに頼めば日本にもう1度行けると考え、『(面接時に)勉強します』と言って入ってきて、学校を就労に利用するケースが目立っていた。ベトナム人だけです、残念ながら。当初は100万、150万円(の賠償金)から始め300万円にした。しかし、請求は一切していません。全く効果がないので、2021年にはやめ、今は(誓約書に)金額は入れていない」

 元実習生が留学ビザを得られる日本語学校は珍しい。だが、この学校はビザが出る。そこに目をつけ入学し、出稼ぎに利用する者が現れる。元実習生でも母国の「大卒」の学歴があれば就職は可能だ。そんな就職目的の留学を防ぐため、誓約書が必要だったというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  2. 2
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  3. 3
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  4. 4
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  5. 5
    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

  3. 8
    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に