6年前ドタキャンの乙武洋匡氏も参院選に! タレント候補乱立の東京で無所属出馬の勝算

公開日: 更新日:

 またタレント候補だ。予定される公示日(6月22日)が1カ月後に迫る中、「五体不満足」の著者で作家の乙武洋匡氏(46)が参院選の東京選挙区に無所属で出馬すると表明した。19日、自身の公式ユーチューブのライブ配信で明らかにし、「障害者や性的少数者、海外にルーツを持つ人などの生きづらさを解消したい」と語った。

【写真】この記事の関連写真を見る(22枚) 

 改選定数6の東京には、すでに自民党2人、立憲民主党2人、公明党、日本維新の会、共産党、れいわ新選組、小池都知事関連の政治団体「ファーストの会」などが候補者を擁立。

「安倍印」で自民公認が決まった元「おニャン子クラブ」メンバーの生稲晃子氏(54)だけでなく、自民の朝日健太郎氏(46=ビーチバレーの元五輪代表)、立憲の蓮舫氏(54=元キャスター)も現職とはいえ元はタレント候補だ。さらに、参院選への鞍替えを表明済みのれいわ代表・山本太郎氏(47=元俳優)も20日に記者会見、東京から出馬することを表明した。

有権者はドッチラケ

 そこに乙武氏の参戦。それも無所属。勝算はあるのか?

「乙武さんは6年前の参院選の東京選挙区で自民党の目玉候補として出馬する予定でしたが、不倫スキャンダルで断念した過去がある。無所属で浮動票を取りに行くつもりでしょうが、当選ラインに到達するのはそう簡単じゃない。参院選は公示後の選挙期間が長いので、組織力や資金力がないと息切れします。それにしても、戦争や物価高など国民生活がSOSを発している時に有名人合戦では、有権者はドッチラケじゃないですか」(政治ジャーナリスト・角谷浩一氏)

 6年前のドタキャン不出馬をめぐって因縁のある自民・朝日氏の陣営は穏やかじゃない。

「あの時、乙武さんが突然、出馬できなくなり、代わりの候補者探しが難航した。投票日1カ月前というギリギリに決まったのが朝日さんでした。それなのにブツけてくるとは……」(自民党関係者)

 乙武氏乱入で、ますます混戦模様だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  2. 2
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  3. 3
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  4. 4
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  5. 5
    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

  3. 8
    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に