和歌山県立医大に全国初の「産科枠」も…医学部「地域枠」定員割れの深刻度

公開日: 更新日:

 和歌山県立医大が来年度から医学部の入学試験に全国初の「産科枠」を設けることが明らかになった。人員不足が深刻な「分娩医」を育成するための取り組みで、内申書と大学入学共通テスト、面接の結果で合否が判定されるという。奨学金制度もあり、卒業後には産科医として、9年間県内の病院に勤務することになる。

 医学部を目指したいが経済的に困難な学生にとって魅力的にみえるが、同様に医師不足が深刻な自治体で実施されている「地域枠」は定員割れが続いている。厚労省の調査(2008年から18年の11年間)によると、総募集数1万835人のうち、2594人分が埋まっていなかったという。

「地域枠」は奨学金制度もあって、推薦制度も充実し、一般入試に比べるとハードルも低いが“脱走者”も多く実態は厳しい。大学ジャーナリストの石渡嶺司氏が言う。

「地域枠は入りやすく、学費免除などの“特典”がある代わりに卒業後9年間の地方勤務が課されますが、当初ペナルティはありませんでした。そのため、多いときで、地域枠で入った学生の約2割が離脱・辞退しました。深刻に捉えた厚労省は現在、離脱者リストを各大学病院に配布し、地域枠から離脱した学生を受け入れたら補助金をカットするなどを対応をしています。“逃げ道”が無くなったことで、学生はメリットを感じなくなり、地域枠は定員割れが深刻になっています。受験生も最初は地域医療に関心があっても、学生時代や研修中に都市部で先進医療を学びたくなることもありますからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  2. 2
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  3. 3
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  4. 4
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  5. 5
    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

  3. 8
    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に