ロンドン「愛のトンネル」は本当か? 昔の王族が売春宿通いのために使ったらしいけど…

公開日: 更新日:

 英ロンドンで17世紀から続く秘密の「愛のトンネル」の存在が、複数の英タブロイド紙によって報じられた。

 トンネルはロンドンの高級住宅地であるパディントン地区の地下からハイドパークを通り、ケンジントン宮殿まで続いているという。昔の王族が売春宿に行くときに使ったらしい。

 特に17世紀の国王チャールズ2世は人目をはばからずにトンネルを多用して売春宿に通ったと言われている。同王は当時、「女たらし」として噂されていた人物で、多くのロンドンっ子は愛のトンネル説を信じている。

 売春宿として使われていた場所は今、「ベリー・ブラザーズ&ラッド」という高級ワインショップになっている。地下は大変深く、壁の一角はレンガで補強されている。

 愛のトンネルの存在は宮殿内にいた王族関係者にはよく知られており、実際のトンネルはもっと長く、ドライマティーニが考案されたバーとして有名なデュークスバーまで続いているという説もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか