南野苑生
著者のコラム一覧
南野苑生マンション管理員

1948年生まれ。大学卒業後、広告代理店に勤務。バブル崩壊後、広告プランニング会社を設立するものの経営に行き詰まり、59歳のとき、妻とともに住み込みのマンション管理員に。その体験をつづった「マンション管理員オロオロ日記」(三五館シンシャ)がベストセラーに。

「部下」にとっての「良き上司」は出世とは無縁? ゴキブリが卵を産みつけた防寒服エピ

公開日: 更新日:

 マンション管理員は「通い」と「住み込み」に大別される。どちらもマンション管理会社に雇われている。わたしたちのような住み込み管理員は、いわば「社宅もどき」に住む平社員なのだ。

 管理員の直属の「上司」に当たるのが、管理会社のフロントマンである。フロントマンの能力、人柄次第で「部下」である管理員の仕事への意欲、姿勢は違ってくる。ダメ上司の下で仕事をする部下はさまざまな苦労を強いられる。これは一般的な会社員と変わらない。

 これまで何人かのフロントマンの下で仕事をしてきた。その中で、玉木君は明るい性格で、よく笑い、こちらも気分よくさせられる感性の持ち主だった。わたしたち夫婦はいっぺんに彼のファンになった。

 前回紹介したが、沖縄転勤を命じられたフロントマンと同じ世代で、家族構成も似ているのに、気遣いのこまやかさがこうも違うのかと驚いた。来訪時にいつも茶菓子を出すわたしたちへのお返しにと、高級アイスクリームを持参してくれたのである。

 こんなことをしてくれたフロントマンは、彼が初めてだった。仕事ができ、人柄もよく、わたしたちは快適な気分でマンション管理ライフを過ごすことができた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  2. 2
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  3. 3
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  4. 4
    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

  5. 5
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  1. 6
    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

  2. 7
    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

  3. 8
    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

  4. 9
    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

  5. 10
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外