滝田誠一郎
著者のコラム一覧
滝田誠一郎ノンフィクション作家

1955年東京都生まれ、青山学院大法学部卒。ヒューマン・ドキュメンタリー作品を数多く手がける一方で、ジャーナリストとして雇用・人事問題を取材。著書に「開高健名言辞典 漂えど沈ます」(小学館)、「消せるボールペン30年の開発物語」(小学館新書)、「IT起業家10人の10年」(講談社)などがある。

技術少年出版社長 吉崎武さん(5)小中学生を対象に1000億円稼ぐ人材の育成を

公開日: 更新日:

技術雑誌収集

 3歳で「電波技術」(電波技術社)の写真や図に目を奪われ、小学校低学年で誠文堂新光社の「子供の科学」や学研の「科学」、小学4年で科学教材社の「模型とラジオ」、小学5年から中学にかけては電波社の「ラジコン技術」、高校生になるとCQ出版社の「CQ ham radio」を愛読していた吉崎さん、「雑誌そのものが大好きなので、読んだ雑誌はとても捨てられず、中学時代に読んだ雑誌なんかもすべてとってある。ですから、気づいたらかなりの量になっていた」という。

 1977年に「月刊アスキー」の編集長になってからは仕事上の必要性もあって購読・保存する技術雑誌はさらに増え続ける一方。

「保管場所に困っていたら、池袋駅から徒歩圏のビルの地下室、テニスコート2、3面ほど取れるくらい広い場所を使わせてもらえることになった。さっそく雑誌や資料を運び込んだのですが、このときで4トントラック4台分あった。すさまじい量なんですよ」

 ところが、2000年夏のゲリラ豪雨で、地下室に大量の雨水が流れ込む最悪の事態となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか