帯広の敵を宇都宮で討つ? 怒涛の固め打ち!“5的中”で最終決勝戦へ

公開日: 更新日:

宇都宮競輪(上)

 帯広のばんえい競馬でやられた翌週、3月21日には宇都宮競輪場に出陣した。江戸の敵を長崎で討つに倣って、帯広の敵を宇都宮で討つ、か。

 競輪も人気復活で21年度は前年比30%増近い9631億円を記録した。この日行われていたのは1着回数が多かった選手を中心に斡旋するウィナーズカップ(GⅡ)の最終日(4日目)。スタートは17年、宇都宮開催で第6回大会を数える。この大会は東京五輪後、疲労骨折のため、約4カ月戦線離脱した脇本雄太、新田祐大の五輪代表や日本競輪選手養成所(旧・日本競輪学校)を卒業したばかりの119期の新人も参戦することで注目を集めていた。激闘を勝ち上がった9人による決勝戦は最終12Rに行われた。

 この日は競輪好きの会社の後輩、溜め息大将も一緒だ。2月に取手競輪場で行われたGⅠ全日本選抜の決勝にも2人で出かけたのだが、ともに決勝が的中し、懐をちょっとだけホッカホカにして帰途についたのが1カ月前のこと。

 待ち合わせはJR宇都宮駅。競輪場に入った時は12時を回っていた。担当者に挨拶だけして早速場内をうろつく。車券は4Rを新幹線の中でスマホで買ったのだが、噂のルーキー、吉田有希が不発でドボン。入場してから慌てて買った5Rもまたドボン。嫌な流れになってきた……。

「6Rは何からいきますか」「ふー」と溜め息大将。このレースはアフロヘアがトレードマークで自転車競技と競輪の二足のわらじを履く⑨山崎賢人から。

「山崎の初日のマクリ一発はアンヨが違ってたからね。山崎にマークする園田(匠)が付き切れなければ、配当はそこそこいいと思うよ」

 結果はともに強力先行の山崎と②新山響平がゴール目前まで壮絶にもがき合い、直線勝負で2分の1車身差振り切った山崎の頭、3着⑤飯野祐太の3連単⑨②⑤は1万330円。これをゲットしてから怒涛のように勢いづいて7R、9Rと的中。7R①③②は同9760円、9R⑥①②は1万8810円の好配当になった。

 9Rはガールズ選手による一発勝負の「コレクション」。

「⑥石井寛子は連載企画(日刊ゲンダイ)でお世話になるみたいで、縁があるってことで、頭から買っておこうかな」

 と前発表。それがピンポーン。“美魔女”寛子が期待に応えてくれた。

後半、勝負の3レース!

 溜め息大将はなかなか歯車が噛み合わず、「ハア~」と深く溜め息をついている。となれば、息抜き、気分転換に限る。3、4コーナーのスタンド裏にある店でランチタイムとなった。

「僕はいつものもつ煮ライスです」

 そういえば、大将は取手でももつ煮を迷わず頼んでいたけど。こちらは納豆と卵の納豆ぶっかけねばり丼で腹ごしらえをし、後半、勝負の3レース!

 10R。⑦新田と、競輪界最高ランクのS級S班の①佐藤慎太郎が断然のレースで、力の差が大きい本線(本命と対抗)がいるレースはこの表裏から薄目を狙うようにしている。で、3着は配当がいい②④⑥⑧に500円。他は買わず、ひと目1000円とも考えたが……。

 ところが、買った車券を見るとなぜか各200円。そのことに締め切り直前に気がつき、各300円を買い足したら……。結果は薄目の⑧が来て3連単①⑦⑧が1万540円。買い間違いに気がついただけでもよかったかもしれない。

 11RもS班の平原康多と宿口陽一の埼玉SSコンビで堅そうなレースなので、これは⑤平原-①宿口から5車に裏なしの1000円、結果は⑤①⑦で同2260円。この日、5勝目で最終12R、決勝戦を迎えた。

■データ
売り上げ 前年比124.5%、大会最高記録の85億5773万円(3月18~21日)

(峯田淳/日刊ゲンダイ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  2. 2
    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

  3. 3
    盗難車数は昨年比2500%増! ゲーム感覚で韓国車を盗む「KIAチャレンジ」が米国で急増中

    盗難車数は昨年比2500%増! ゲーム感覚で韓国車を盗む「KIAチャレンジ」が米国で急増中

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

  1. 6
    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

  2. 7
    出産で重い脳性まひに…救済求め障害ある我が子と会見に臨んだ母親たちの覚悟

    出産で重い脳性まひに…救済求め障害ある我が子と会見に臨んだ母親たちの覚悟

  3. 8
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  4. 9
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  5. 10
    “オミクロン対応”新ワクチンの疑問…未接種者や1回のみでは打てないのか?厚労省に聞いた

    “オミクロン対応”新ワクチンの疑問…未接種者や1回のみでは打てないのか?厚労省に聞いた