なぜ中国人は別の乗客の席に勝手に座るのか? 「国民性」を熟知する専門家が解説

公開日: 更新日:

 内閣府の調査で約8割の日本人が中国に「親しみを感じない」と答えている。こうした中国嫌いの感情はどこから来ているのか? 「カルチャー・ギャップ・マネジメント」の著者で、日中ビジネス研修の第一人者である李年古氏に聞いた。

 ◇  ◇  ◇ 

■日本人の8割が中国が嫌い

 中国にあるスターバックスの店舗数は、昨年10月の時点で5360店。「中国ではコーヒーを飲む習慣や文化がない」と海外企業が進出に尻込みをする中、スタバは「コーヒー未開拓の巨大市場がある」と考えた。

 日本人の8割の人が中国を嫌っている──ということは、これからは上がる一方ということ。とりあえず政治のことを抜きにすれば、日本人の中国嫌いはちょっとした誤解が生じているだけかもしれない。

 李さんは、深圳で工場を経営する日本人社長に、こんな相談を受けたことがある。入院した現地の女性社員を毎日見舞った社長は〈会社はいつでも君の復帰を待っている〉〈一刻も早く職場に戻ってくることをみんな望んでいるよ〉と励ました。しかし、いざ退院の日、その女性は会社を辞めてしまったという。どうしてだろうか?

「中国人上司なら『安心して治療しなさい。どんなに時間がかかっても気にしないでいいよ』と話したでしょう。女性社員は『社長は会社の都合ばかり考えて、一刻も早く部下を職場に戻させたいから毎日のように出勤を催促しに来た』と考えたのかもしれません」

 日本人同士なら何の問題もなかっただろうが、外国では文化や常識が違って当たり前。こうしたコミュニケーションの失敗例は、中国人の「属人」的な考え方を理解すれば納得できそう。人が基本にあって、「義理」を重んじる価値観のことだ。

■卓球選手のボイコットで分かる「属人」的考え方

 その属人的な考え方の例として、「卓球の馬龍、樊振東、許昕の大会ボイコット騒動」がある。2017年、当時の男子世界ランキング1~3位の3人が中国オープンを突然、棄権した。中国人の卓球ファンなら誰でも知っているが、その直前に劉国梁監督が体育総局から解任されている。劉監督は選手たちに敬愛されていたが、こんな熱いスピーチが「カルチャー・ギャップ・マネジメント」で紹介されている。

《(元世界チャンピオンの)馬琳さんは今回の試合に出場しなかった。かわりに毎日、みなのために食材を買いに行き、現地レストランの厨房に立ち、料理を作ってくれた。料理や箸を運んでくるのも彼だし、最後に残りものを食べたのも彼だ。君たちはチャンピオンになってから5年後、このような姿を見せることができるか?》

「選手たちにとって、監督は家族。兄貴か父親であり親分です。日本と異なり、中国では『会社のため』を強調するのは逆効果で、上司への忠誠心を通じて愛社精神を実現するのが唯一の道です」

迷惑はかけるが、かけられても平気という国民性

 日本人駐在員が中国人部下に慕われているか、1つの質問で分かるという。それは「部下の1カ月の収入や家計を即答できますか?」と聞くだけだ。日本ならプライバシーに関する内容で禁句だが、中国では「給料はいくらですか」とズケズケと聞かれることもある。

「中国人は、人間は悪いことをしたら、それを隠そうとするが、清廉潔白であれば何一つ隠す必要がない。正々堂々と個人の『隠私』(プライバシー)情報をさらけ出して平気なはずだ、と考えるのです。ここ数年、個人情報公開に抵抗感を抱く人が増えつつありますが、相手の私生活への好奇心が強い一方、お互いにオープンな関係になると、困った時に助け合うようになるのです」

 日本人は「個人情報保護がなってない」と憤るが、中国の上司は、部下の給料を知り、アップのために適切な指導をする。部下は、そういう上司を認めるのだという。

 また、日本人は「中国人のマナーの悪さ」にもよく目がいく。李さんも最近、故郷の長沙から深圳に向かう高速鉄道で20代とおぼしき女性のある行動に出くわした。女性は別の乗客の席に無断で座り、一度追い払われて後ろの席に移動し、やがてその席も替えさせられた。日本人は「中国人は他の人に迷惑をかけても平気だ」と思うだろうが、これこそが文化の違いのようだ。

「中国では、彼女を移動させたチケット保有者でも、これといって強い不快を感じないものです。中国人は、人に迷惑をかけることも平気ですが、その分、迷惑をかけられても平気なのです。むしろ、迷惑をかけ合うことによって関係を深めていきます」

 その顕著な例が、やはり李さんの経験した友人とのこんなエピソードだ。出張で北京に行った際、李さんは久しぶりに親友らを夕食に誘った。その席上、「空港まで迎えに行ったのに」と話しかける親友に、日本生活が長い李さんはつい「それは迷惑だから、タクシーを拾ったよ」と答えたという。これが大間違いのもとだった。

「私は無意識に『それは迷惑だろうから』と日本式に答えてしまった。すると激しい口調で責め立てられました。『今度、僕たちが日本に行ったら迎えに来たくない、迷惑だから遠慮してくれということなのか?』というわけです。中国人は、友達は迷惑をかけ合うもの。友人としての価値を認めているからこそ迷惑をかけると考えるのです」

「嫌中反中」も文化の違いが分からないため

 一方、李さんは日本人の遠慮がちな国民性も認め、美徳だと言う。中国人の中にも日本人の礼儀正しさに感銘を受ける人は多く、実は武漢で新型コロナが猛威を振るった際、中国人が最も感謝と賛辞を惜しまなかったのが日本だった。なぜかというと、マスクや医薬品の入った支援物資の段ボール箱に「山川異域、風月同天」(生まれた場所は違っても月や風は同じ天でつながっている)といった漢詩が書かれていたから。日本人は物資だけでなく、心遣いまで届けてくれたとSNSで話題になったものだ。

 もちろん、日本人として、中国人の行動に納得できるもの、到底承服できないものがあるが、「そういう文化」「それが中国の常識」なんだと分かれば理解の一歩になる。街の本屋さんでは「嫌中反中」の書籍が幅を利かせているが、嫌ってばかりでは始まらない。先の内閣府の世論調査では、今後の中国との関係発展を「重要だと思う」という回答が8割あった。

▽李年古(リ・ネンコ) 1959年、中国・湖南省生まれ。日中ナレッジセンター代表。テレビ局勤務後、87年に来日。東京学芸大学大学院で社会学を学んだ後、東京国際大学大学院社会心理学修士課程修了。三菱電機、トヨタ、日産、富士通、ソニー、東芝、NECなどで企業内研修を手掛ける。

 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記