内閣府の男女共同参画局が大炎上! 成蹊大教授の“壁ドン”推奨トンデモ指南に非難囂々

公開日: 更新日:

 内閣府の男女共同参画局が主宰する「人生100年時代の結婚と家族に関する研究会」が“炎上”している。火元はメンバーのトンデモ発表資料だ。

 同研究会は結婚や家族の変化に関し、課題整理の名目で昨年5月から11回の会合を重ねてきた。報告書の取りまとめを目指す中、今月7日に開催した会合でのプレゼン資料がマズすぎた。発表したのは、成蹊大文学部現代社会学科の小林盾教授。専門は不平等・貧困だ。

 資料の中で小林教授は、容姿や収入、教育環境によって「恋愛格差」が生じていると指摘。データ分析の結果として〈男女ともハンサム・美人ほど恋愛経験豊か〉などと断定した。

■「男は80キロ女は60キロ超えたら、恋愛の資格なし」

 さらに、自身の著書執筆のために実施したキャバクラ嬢へのインタビューの内容を引用し、「男性は(体重が)80キロ、女性なら60キロ超えたら、もう恋愛の資格ないでしょ」と紹介。〈ハンデを是正し、『恋愛弱者』にもチャンスを平等化するために『恋愛支援』が必要かも〉と結論づけ、「恋愛格差」の解決案を提案したが、その中身も「なんだかなぁ」だ。たとえば、漫画やドラマで目にする「壁ドン・告白」を〈教育に組み込む〉というのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  2. 2
    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

  3. 3
    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

  4. 4
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  5. 5
    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

  1. 6
    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

  2. 7
    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

  3. 8
    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

  4. 9
    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

  5. 10
    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!

    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!