プーチン大統領の愛娘2人のプロフィルが米英制裁で全世界に拡散

公開日: 更新日:

 ロシア軍が撤退したウクライナ北部キーウ州で民間人とみられる遺体が多数見つかった問題を受け、米英政府は4月上旬、重要人物2人を新たに対ロシア制裁の対象に指定した。マリアとカテリーナ。現代ロシアのツァー(皇帝)とも呼ばれるプーチン大統領の愛娘2人だ。制裁網は、いよいよクレムリンの「本丸」の一歩手前まで広がっている。

■偽名で生活

「マリア・ウラジーミロブナ・ボロンツォワ 1985年4月28日レニングラード(現サンクトペテルブルク)生まれ」

「カテリーナ・ウラジーミロブナ・チホノワ 86年8月31日ドイツ・ドレスデン生まれ」

 米財務省の発表資料を引用した。マリア(36)は長女、カテリーナ(35)は次女。ミドルネームのウラジーミロブナは「ウラジーミルの子」を意味する。姓がプーチナ(プーチンの女性形)でないのは、2人とも偽名で生活しているからだ。

 プーチン一家の基本的な情報は、大統領就任に伴う報道などで一定程度は明らかになっているものの、詳細はずっと「国家機密」扱い。大統領として第2次チェチェン紛争で指揮を執る中、万が一にも娘らがテロリストに誘拐されて弱みを握られ、国家の意思決定に悪影響を及ぼしてはならないという判断からとみられる。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    濱田岳は外野の雑音を実力でねじ伏せてきた 同クール2本の連ドラで存在感発揮のワケ

    濱田岳は外野の雑音を実力でねじ伏せてきた 同クール2本の連ドラで存在感発揮のワケ

  3. 3
    元「メロン記念日」大谷雅恵さん 借金500万円で自己破産「生活保護からは脱しましたが、生活は今もギリギリ」

    元「メロン記念日」大谷雅恵さん 借金500万円で自己破産「生活保護からは脱しましたが、生活は今もギリギリ」

  4. 4
    澤村拓一は恩義でロッテ復帰 原巨人また日本人に逃げられ「セットアッパー」穴埋めならず

    澤村拓一は恩義でロッテ復帰 原巨人また日本人に逃げられ「セットアッパー」穴埋めならず

  5. 5
    ガーシー議員74年ぶりの「招状」にも反省ゼロ! SNSの反応は風向きガラリ

    ガーシー議員74年ぶりの「招状」にも反省ゼロ! SNSの反応は風向きガラリ

  1. 6
    三浦瑠麗氏にTV出演見合わせドミノ…胸元が透けた国葬“シースルー喪服”を思い出す人も

    三浦瑠麗氏にTV出演見合わせドミノ…胸元が透けた国葬“シースルー喪服”を思い出す人も

  2. 7
    三笘薫に100億円超えアーセナル入り情報!FA杯リバプール戦マジック決勝弾で移籍金爆上がり

    三笘薫に100億円超えアーセナル入り情報!FA杯リバプール戦マジック決勝弾で移籍金爆上がり

  3. 8
    日本→フィリピン“現金の運び屋”は「ルフィ」渡辺容疑者のオンナがやっていた

    日本→フィリピン“現金の運び屋”は「ルフィ」渡辺容疑者のオンナがやっていた

  4. 9
    超低空飛行のフジ「ぽかぽか」は“コンプラ上等”で「笑っていいとも!」の再来となるか

    超低空飛行のフジ「ぽかぽか」は“コンプラ上等”で「笑っていいとも!」の再来となるか

  5. 10
    中居正広せっかくの復帰も…自ら“年内死亡説”に言及しすぎで「逆に心配」とファンやきもき

    中居正広せっかくの復帰も…自ら“年内死亡説”に言及しすぎで「逆に心配」とファンやきもき