海底火山「噴火浅根」ひさびさ活動で巨大地震との関連は? 専門家は「3つのパターン」を指摘

公開日: 更新日:

 巨大地震の「予兆」なのか──。

 小笠原諸島の海底火山「噴火浅根」が27日、噴火した。気象庁によると、27日午後6時頃から噴煙が確認され、午後11時半頃には海面から約7000メートルに達した。1930年代から45年にかけて複数回噴火した記録があるが、久々の噴火は何を意味するのか。小笠原諸島では昨年8月にも、海底火山「福徳岡ノ場」が噴火。噴煙は高さ約1万6000メートルに至り、沖縄や伊豆諸島などに大量の軽石が漂流する被害が出ている。

 立命館大環太平洋文明研究センター特任教授の高橋学氏はこう言う。

「この先、噴火浅根でもさらに大規模な噴火が発生することも考えられます。軽石が黒潮に乗れば、房総半島や三浦半島周辺まで届く恐れもあります。また、噴火浅根の周辺海域では、大きな噴石や火山ガスなどに警戒すべきです。1952年、海上保安庁の船が伊豆諸島の明神礁の噴火に巻き込まれ、乗組員31人が殉職しています」

 さらに気がかりなのが、巨大地震との関連だ。噴火浅根はフィリピン海プレート上にあり、活発な太平洋プレートに押されて、噴火したとみられる。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感