滝田誠一郎
著者のコラム一覧
滝田誠一郎ノンフィクション作家

1955年東京都生まれ、青山学院大法学部卒。ヒューマン・ドキュメンタリー作品を数多く手がける一方で、ジャーナリストとして雇用・人事問題を取材。著書に「開高健名言辞典 漂えど沈ます」(小学館)、「消せるボールペン30年の開発物語」(小学館新書)、「IT起業家10人の10年」(講談社)などがある。

たいめいけん3代目・専務 茂出木浩司さん(3)つい最近も危うく死にそうになりました

公開日: 更新日:

凧/カイトサーフィン

 カイトサーフィン(カイトボーディング)の愛好家たちは、自分たちがそれを楽しむ海のことをゲレンデと呼ぶ。ゲレンデとは本来はスキー場や、ロッククライミングの練習場を指す言葉なのだが。

 たいめいけんの3代目・茂出木浩司さんお気に入りのゲレンデは、夏場であれば千葉県・内房の富津や外房の海、冬場は沖縄本島や宮古島の海だという。時にはサイパンやグアムまで遠征することも。

「海ならばどこでもいいというわけではないんです。30メートルもある長いラインを使って凧を揚げるので、ピンと張ったラインが人に触れるとスパッと切れてしまう危険がある。なので海水浴客やサーファーがなるべくいない海でないとダメなんです。海岸沿いに道路が走っているようなところもダメです。凧が吹っ飛ばされて道路上に落下したら危ないですから」

 ゲレンデへ行く時は、20枚ほど持っている凧の中から大きさの異なる凧を5枚ほど持っていく。風が強い時は小さめの凧、風が弱い時は大きめの凧という具合に、快適かつ安全にカイトサーフィンを楽しむためには風速に合った大きさの凧を選ぶ必要があるからだ。大きな凧になると8畳ほどの大きさがあるが、空気を抜いて畳めば、5枚の凧も車に積むことができる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記