ゼレンスキー大統領が国会演説で日ロの歴史的問題に「踏み込まなかった」ワケ

公開日: 更新日:

「反戦、自由、安全、平和を求める日本はアジアのリーダーだ」

 23日夕、日本の国会で初となる演説を行ったウクライナのゼレンスキー大統領。約12分間に及ぶ演説の内容は、当初予想されていた「北方領土問題」や「日露戦争」などの歴史的問題に触れることなく淡々と進み、「日本はウクライナと共にあるという姿勢を示したことに感謝する。ロシアに制裁を与えたことにも感謝しているし、その継続を期待する」と冷静に謝意を示すにとどまった。

 演説のポイントは「原発」と「サリン」だった。

 ゼレンスキー大統領は、ロシア軍が「チェルノブイリ原発」を攻撃し、支配していることを挙げていたが、これは明らかに「福島原発」を意識した内容と言える。

 さらに「サリン」といえば、地下鉄サリン事件が起きたのは1995年3月20日。この時期に「あの悲劇が再び広範囲で起きるかもしれない」ということを強調し、ロシアの脅威を日本国民全体に訴えたかったに違いない。

 戦時下にある当時者の一方の訴えを流すことはどうなのかーー。そんな賛否両論ある中で行われた演説だったが、終わるや否や、民放番組はバラエティーネタのオンパレード。ゼレンスキー大統領も、そういう「日本の特殊な事情」を理解していたからこそ、踏み込まなかったのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?