年金生活者に“5000円バラマキ”は逆効果!セコイ裏側ミエミエの参院選対策

公開日: 更新日:

 突如、浮上した年金生活者向けの「臨時特別給付金」。自公の幹事長と政調会長の4人が15日、揃って官邸で岸田首相に面会し、新型コロナ対策として要望。岸田は「しっかり受け止め検討したい」と応じ、実現の方向だ。1人当たり5000円、1回限り。既に10万円の給付が決まっている住民税非課税世帯を除く年金生活者約2600万人が対象で、単純計算で事業費は1300億円、事務経費を含めると2000億円近くになる可能性がある。2021年度予算の予備費から充てる方向で国会審議が不要となりスピード支給が可能だ。

■ネット上では批判一色

 夏の参院選対策の高齢者向けバラマキなのはミエミエで、ネット上ではほぼ批判一色。「なぜ5000円? それで生活が楽になるの?」「経費の方がかかるんじゃないか」「選挙対策なんだろうけども、マイナス効果にならない?」「高齢者に媚を売って、税金で票を獲得しようとするのはやめて」など散々だ。

 そのうえ、支給のタイミングと金額にはセコイ計算が働いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  2. 2
    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

  3. 3
    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

  4. 4
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  5. 5
    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

  1. 6
    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

  2. 7
    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

  3. 8
    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

  4. 9
    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

  5. 10
    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!

    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!