村西とおる
著者のコラム一覧
村西とおるAV監督

1948年、福島県生まれ。バーテン、英会話教材のセールスマン、テレビゲームリリース業を経て、裏本制作で「裏本の帝王」と呼ばれ、その後、AV監督として一世を風靡。これまで3000本のAVを制作し、「AV界の帝王」としても有名。

【Q】目の病気が進行して定年退職 年金の繰り下げどころかすぐもらいたい

公開日: 更新日:

 目の病気が進んで嘱託採用などで働くことは難しいので、60歳で定年退職しました。仕事はしていませんが、妻がまだ現役で家計を支えてくれているのと、退職金から少しずつ出してどうにかやっています。迷っているのは年金です。もらうのを75歳まで繰り下げるように改正されるというので、繰り下げが得なのか損なのかという話ばかり聞きますが、私は家計を助けるために今からでも、もらいたいと思っています。もらう額は後々少なくなっても待っている余裕はありません。 (元公務員・61歳)

【A】絵に描いた餅より大切なのは現実!足るを知るで生きよ

 お金の苦労は体と心の健康にダメージを与えます。私は30年前に50億円の借金を抱えて倒産しました。一度失った信用は大きく、借金返済するどころか、その日の生活費にも困窮したのです。地下鉄の初乗り料金の160円もなく、深夜、三軒茶屋から市ケ谷までの夜道を3時間近く歩いて帰宅したこともありました。ファミレスの前を通ると、ガラスの窓越しに4人家族が夕げのテーブルを囲んでいる姿があり「多分、あの家族は一晩に5000円以上の食事代を使うに違いない。自分には、そんな贅沢が許される時は一生訪れることはない」と落ち込んだのです。

 テレビを見ていて買い物のシーンが出てくると頭の中にすぐお金のことが浮かび、今月のマンションの家賃は、月末までの生活費はどうするとの強迫観念に襲われ、心ここにあらずとなり情緒不安定に陥ったのでした。

 そうした「うつ状態」から完全に脱出できたのは倒産してから約10年後の、借金返済のめどがようやく立った頃です。こうした経験を持つ私はあなたさまのお金に関するご心配はよく理解できます。明日の1万円より今日の100円ともいいますが、心の余裕を持って穏やかな日々を取り返すには、おっしゃる通りに額は少なくなっても75歳まで待つことなく、あと4年後の65歳の受給資格の年齢に達したら、年金をお受け取りになるよう、迷わず手続きなされることをおすすめします。

 額に多少の不満があっても、絵に描いた餅を眺めているより、その方がより現実的で心と体の健康にはよい効果をもたらすのではと考えます。

 私は30年前に倒産して以来、年金をかける機会を喪失し、今後もらうアテがありません。

 国民の義務を遂行していないとの負い目はありますが、倒産する前までの間は税金も年金の掛け金も人並み以上に払ってきたとの自負がありますので、「自業自得の愚か者め」とお許しいただきたく存じます。

 ただ、あなたさまにご承知いただきたいことは、人間はいくら願っても授からないものは授かることはできないのだということです。老後を快適に生きたいと願うなら、定められた収入でも生きていけるように工夫を凝らし、足るを知る、で生きることです。

 もっと贅沢な生活をと欲に駆られると悲しいかな、人間はその欲にからめとられ、その欲の奴隷となって生きるようになります。ありったけの時間を、もっともっとと、より豊かになることを求めて心落ち着かず、ざわつく日々が始まるのです。なぜなら「欲に駆られた心」は一刻の休みさえ与えず、あなたさまをコキ使うからでございます。

 還暦を越えられ、人間として大切なものは何かについて十分にご存じのはずのお年頃、どうか「起きて半畳、寝て一畳」の精神で生き抜いてくださいませ。

◆悩み相談募集 村西監督への相談、怒り、悩みを募集しています。ハガキに、郵便番号、住所、氏名、年齢、性別、職業、相談内容、電話番号を明記のうえ、〒104-8007 日刊ゲンダイ「村西監督相談」係まで。メールは<fudoutoku@nk-gendai.co.jp>まで。


◆連載が単行本になりました。 Amazonでも好評発売中です!
全裸監督が答える不道徳で世界一まっとうな人生相談
(発行:日刊ゲンダイ 発売:講談社)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 2
    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

    小林浩美JLPGA会長はファン置き去り…「地上波中継なき」国内女子ツアーの行く末

  3. 3
    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

    「ビューティ・ペア」で一世を風靡 マキ上田さん「フジ社屋の天球は“ビューティ資金”でつくられたと」

  4. 4
    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

    「消費税減税なら年金3割カット」自民・茂木幹事長の“高齢者ドーカツ発言”に批判殺到

  5. 5
    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

    ダチョウ倶楽部の「純烈」加入にファンから「それなら友井雄亮さんを復帰させて!」と悲鳴

  1. 6
    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

    小室圭さん間もなく「3回目受験」 NY州資格を持つ日本人弁護士が“合格”を確信するワケ

  2. 7
    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

    阪神絶好調でAクラス射程圏も…悔やまれる序盤大コケの陰にフロントの“矢野低評価”

  3. 8
    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

    古江彩佳に問われる「プロ意識」…全米女子OP予選落ちで“塩対応”どころか取材拒否

  4. 9
    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

    巨人球団史上最速の自力V消滅で野手と投手に内紛の火種…打線奮起も投手すべて台無しに

  5. 10
    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記

    宮沢りえも登場…「大王製紙」前会長・井川意高氏のアイドル豪遊記