シャルパンテ 藤森真さんの巻(2)

公開日: 更新日:

水新菜館(東京・浅草橋)

 ソムリエの第一人者、田崎真也氏の薫陶を受けたこの人は、仕事柄ビストロやバルはもちろん、あらゆる店を巡りながら、料理やサービスを探求する。食べ歩きのエキスパートがチョイスした2店目は、中華の「水新菜館」だ。

「浅草橋の駅から浅草方面に歩いて3分ほど。そのロケーションといい、赤い大きな看板の店構えといい、町中華そのものです。マスターの寺田規行さんの接客がすばらしいし、お薦めのワインが抜群。だれもが寺田さんのファンになります」

 ソムリエが絶賛する町中華のワインとは。興味津々、店に向かうと、寺田さんに奥の席を案内された。席に着くなり通る声で「お手を拝借」。何かと思えば、今や定番の消毒スプレーの吹きかけだ。飲み物を尋ねられて「瓶ビール」と答えたら、「ウチは、アサ“シ”だからね」と強調する江戸弁で笑いを誘う。

「肉巻きは、ウチの名物で、ひき肉を湯葉で巻いて揚げたもの。ビールに合うよー」

 もはやマスターに言われるがままだ。出てきたそれは、見た目春巻き。口に入れた食感は、人気の点心よりかなり軽く、ビールに鉄板の肴だ。味つけはケチャップより断然塩がウマい。

「何を頼んでもおいしいので、好みのアラカルトをシェアするのはもちろんいい。でも、お腹がすいているなら、マスターに任せるのが一番です」

 藤森さんの言葉が、1皿目にして分かる。お薦め2皿目の「蒸し鶏のネギ風味」は、コショウの海に蒸し鶏と白髪ネギが浮かぶ。ユニークな盛りつけに目がクギづけ。口に運べば胃袋が喜び、手はグラスに伸びる。

小籠包の説明はまるで落語家の言い回し

 1897年、明治としては珍しい果物屋として創業。水菓子の「水」と創業者・新次郎の「新」を取り、屋号は「水新(みずしん)」。そこに「菜館」を足し、中華に舵を切ったのはマスターの代からだそうだ。

「さあ、小籠包が参りました。お手伝いしましょう。小皿にまず醤油をちょっと、酢を少々混ぜます。レンゲに一つのせて、皮の底に口づけしたら、チューッとスープを口吸いですよ。そうしたら小皿のタレにつけて、アッチッチのうちに召し上がってください」

 まるで落語家だ。その後も、絶妙な距離感と声掛け、料理の説明で、グイグイと寺田ワールドに引き込まれていく。さて、ワインに合う料理は?

中華とワインのマッチングにハズレなし

「中華に使う甜面醤、豆板醤などの醤は発酵食品で、発酵食品はワインに合う。油料理も相性抜群で、中華とワインのペアリングはハズレがないんです。ご注文の『牛肉細切りの甘味噌炒め』でしたら、この3本はいかがでしょうか? シラーをお選びなんて、お客さんもお好きですねー。甜面醤とシラーのマッチングは最高です」

 なるほど、醤の甘さがワインを引きたて、ワインの余韻が牛肉のウマ味を増幅する。トリコロールカラーのシャツを着こなすマスターが、名ソムリエに変身したが、「めっちゃウマい、いただきましたー」とサービスマンに戻って去っていく。

 料理は多くが1000円台半ばで、数人でシェアできる。“アサシ”ビールは550円。「数百本はそろえている」というワインは、懐具合と相談してセレクトしてもらうといい。全力で寺田ワールドを楽しみたい店だ。

(取材協力・キイストン)

■水新菜館
東京都台東区浅草橋2-1-1
℡03.3861.0577

■シャルパンテ
欧風ワイン居酒屋「VINOSITY」を展開するほか、ワインショップやワインスクールも運営。飲食店のプロデュースや開業支援なども行う。

▽藤森真(ふじもり・まこと) 日本ソムリエ協会認定シニアソムリエ。フレンチレストランなどでバーテンダーを務め、ソムリエの先駆者、田崎真也氏の薫陶を受ける。ピッツェリアやステーキハウスなどを手掛ける「スティルフーズ」で支配人に。2010年、シャルパンテを設立。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

    風吹ジュン70歳の今も高支持率の女優人生…私生活では実父と夫の不倫問題を乗り越えた

  2. 2
    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

    新種のクラゲ? パプアニューギニアで発見された謎の生物が話題

  3. 3
    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

    ヤクルト村上を支える「5番サンタナ」が今オフの目玉に! 引き留められるか、争奪戦か?

  4. 4
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  5. 5
    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

    「期限前トレード」はダイヤの原石を出してポンコツをつかまされるケースが多い

  1. 6
    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

    大魔神・佐々木主浩の驚愕発言「自分は先発投手の家族も養っている気持ちで投げている」

  2. 7
    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

    元トレンディー女優・浅野ゆう子がたどり着いた“幸せ太り”の境地…年下実業家と熟年婚から4年

  3. 8
    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

    内閣改造“脱・旧統一教会”の真価を占う2つの最重要ポスト 現職2閣僚は教団と関わりが

  4. 9
    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

    自民党と旧統一教会「関係ない」から一転…茂木幹事長“手のひら返し”発言に批判殺到

  5. 10
    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!

    萩生田経産相に岸田首相が政調会長を打診する「別の狙い」 アベノミクス脱却だけじゃない!