赤木雅子さん主人公の漫画「ビッグコミックスピリッツ」で連載開始 漫画好きの麻生太郎氏も必読!

公開日: 更新日:

 森友学園をめぐる財務省の公文書改ざん事件を題材にした連載漫画「がんばりょんかぁ、マサコちゃん」(原作・宮﨑克、漫画・魚戸おさむ)が、24日発売の「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で始まった。

 巻頭ページに掲載され、第1話から中身はかなりリアル。

 フィクションとされているが、<実在する人々の切なる想い、祈りには大きく関係しています>とあり、改ざんをさせられ命を絶った赤木俊夫さんの妻・赤木雅子さんとジャーナリストの相澤冬樹氏が「取材協力」している。

 漫画への反響について小学館の編集担当者はこう話す。

「抗議もあるかと初日は電話の前で構えていましたが、それもなく、ツイッターなどおおむね好意的です。政治問題化していますが、普通の夫婦の悲劇が見落とされている。『真実が知りたい』が赤木さんの思い。漫画という媒体だからこそ、そこが伝わるのではないかと思います」

 第1話のタイトルは「平凡がええ」。穏やかで平凡に暮らしていた夫婦。主人公は、夫を失って初めて、平凡が幸せだったことに気づく。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

  2. 2
    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

  5. 5
    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

  1. 6
    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

  2. 7
    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

  3. 8
    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

  4. 9
    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

  5. 10
    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害

    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害