バレンタインチョコ“女性からの愛の告白”を考えたのは「メリーチョコレート」

公開日: 更新日:

 今年もバレンタインデーがやってくる。「年に一度、女性から男性へ愛の告白を!」というアレ。一体、誰がこの習慣を始めたのか?

 実は、このキャッチコピーはメリーチョコレート(本社・東京都大田区)が1959年に初めて使ったもの。広報の内田さんがこう説明する。

「この年、ただの板チョコレートではなく、ハートの形に変更し、鉄筆でTOとFROMを書き、贈り手と相手の名前を入れるサインチョコレートを販売したところ、斬新なアイデアだとして注目を集めたのです」

 この1年前には、都内の百貨店で日本初のバレンタインセールを開催。この時は50円の板チョコが3枚、20円のメッセージカードが1枚の“合計170円”の売り上げしかなかったのだという。

 パイオニアには、いつも苦労が付いて回るのだ。ところが、ハート形にしたことで一気に流れが変わった。同社はバレンタインチョコを定着させた功績を高く評価され、日本記念日協会から「記念日文化功労賞」を授与されている。時代の変化に合わせて、恋人だけでなく、ファミリー、友達、自分用のご褒美チョコなどと多様化させたことも評価されたようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  2. 2
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  3. 3
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  4. 4
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  5. 5
    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

  3. 8
    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に