滝田誠一郎
著者のコラム一覧
滝田誠一郎ノンフィクション作家

1955年東京都生まれ、青山学院大法学部卒。ヒューマン・ドキュメンタリー作品を数多く手がける一方で、ジャーナリストとして雇用・人事問題を取材。著書に「開高健名言辞典 漂えど沈ます」(小学館)、「消せるボールペン30年の開発物語」(小学館新書)、「IT起業家10人の10年」(講談社)などがある。

リビングイメージ 渡辺誠一郎CEO(3)北海道産の蕎麦の実を石臼で挽いてみたら…

公開日: 更新日:

蕎麦打ち40年、コーヒー豆焙煎30年

 茨城県つくば市市之台第二自治会の集会所「善隣亭」が建てられたのは今から25年ほど前。森に隣接する遊休地の一角に建てられた集会所を、地元の人たちは親しみを込めて“秘密基地”と呼ぶ。

 秘密基地ができて間もなく、そこに集う住民有志10世帯ほどが「市之台ねぶたの会」を結成する。近所の幼稚園の夏祭りを盛り上げ、子どもたちを喜ばせようという思いからねぶたの山車灯籠を造ることにしたのだ。

 山車灯籠造りは、2000年ごろから映画となりのトトロ」に登場する猫バス造りに変わり、14年には猫バス2号が完成する。ゴルフ場のエンジン付き大型カートをベースにした猫バスは、小さい子どもなら10人くらい乗せて走ることができる本格派。見た目も映画の猫バスそっくりで、実によくできている。

 1997年から07年までシリコンバレーで半導体ベンチャーを経営していた渡辺さんがねぶたの会に参加するのは08年。猫バス2号の製作が始まる少し前のことだ。

「猫バスの骨格造り、エンジン回り、それと安全のためアラウンドモニターを設置してあるんですが、その電気系統などを担当しました」

 妻の祐子さんをはじめ女性陣はカートを覆う布地を切ったり、貼ったり、ふわふわ感を出すために袋状にして詰め物をしたりした。猫バスそっくりに仕上がったのは女性陣の努力のたまものだ。

“秘密基地”で40人分の蕎麦打ち

 ねぶたの会では春と秋に親睦会が開かれる。その席で、渡辺さんが蕎麦打ちの腕前を披露するのが恒例になっている。

「会のメンバーとゲストを含めて40人分くらいの蕎麦を午前中いっぱいかけて打ちます」

 参加者が増えるにつれて1人では手が足りなくなり、志願者を募って弟子を2人育てた。それもあって、ねぶたの会の中で渡辺さんは蕎麦打ちの師匠と呼ばれている。

 当初、お楽しみ会用に40キロほどの蕎麦粉を購入していたが、一昨年は物は試しと北海道産の蕎麦の実を購入し、石臼で挽いて打ってみた。

「そうしたら、あまりのおいしさにみんな興奮しちゃって。蕎麦の実が少し余ったので、これをまいたら、またおいしい蕎麦が食べられるぞということになって──」

 余った実を秘密基地近くの空き地にまくと、収穫した蕎麦の実から3キロほどの蕎麦粉がとれた。市之台産の蕎麦粉を渡辺さんが打つと、コシが強くて喉ごし滑らかな十割蕎麦になり、「めちゃくちゃおいしかった」。

 これに味を占め、昨年は約200平方メートルの畑に蕎麦の実をまくことに。

 昨年12月12日、市之台産蕎麦の収穫祭が秘密基地前で開かれた。渡辺さんをはじめとする蕎麦打ち班、蕎麦がきマスター、天ぷら班などがそれぞれ自慢の腕を振るい、おいしい蕎麦を堪能した。

 趣味の蕎麦打ちで地元が大いに盛り上がる。趣味人冥利に尽きるというものだ。 =つづく

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

  2. 2
    阪神の“問題児”マルテはもういらない!不振、故障続発、増長懸念でまたゴタゴタの火種

    阪神の“問題児”マルテはもういらない!不振、故障続発、増長懸念でまたゴタゴタの火種

  3. 3
    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

  4. 4
    中日・高橋周遊撃起用のナゾ 立浪“迷”監督は根尾がそんなに嫌いなのか

    中日・高橋周遊撃起用のナゾ 立浪“迷”監督は根尾がそんなに嫌いなのか

  5. 5
    1.4億円が海底に消えた…知床沈没船「KAZUⅠ」の再引き揚げ費用は誰が負担するのか?

    1.4億円が海底に消えた…知床沈没船「KAZUⅠ」の再引き揚げ費用は誰が負担するのか?

もっと見る

  1. 6
    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

  2. 7
    「チコちゃん」マナー講師の炎上で透けたNHKの劣化…安易な企画と演出はもう通用しない

    「チコちゃん」マナー講師の炎上で透けたNHKの劣化…安易な企画と演出はもう通用しない

  3. 8
    中日・中村紀打撃コーチが二軍に配置転換…異例人事のウラに「独特すぎる打撃理論」

    中日・中村紀打撃コーチが二軍に配置転換…異例人事のウラに「独特すぎる打撃理論」

  4. 9
    上島竜兵さんがトーク主体のバラエティー番組にはほとんど出演しなかった理由

    上島竜兵さんがトーク主体のバラエティー番組にはほとんど出演しなかった理由

  5. 10
    大谷以来の二刀流! 日本ハム上原健太がようやく見せ始めた「身体能力お化け」の片鱗

    大谷以来の二刀流! 日本ハム上原健太がようやく見せ始めた「身体能力お化け」の片鱗