池田保行
著者のコラム一覧
池田保行ファッションエディター&ライター

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。「All Aboutメンズファッションガイド」も務める。

80年代に大流行! 懐かしくて新しい「バナリパ」のサファリTシャツ

公開日: 更新日:

 80年代の終わりごろから90年代初頭にかけて、動物の写真がプリントされたTシャツが爆発的に流行したことを覚えているだろうか。図鑑のようなゾウやライオン、キリンにシマウマなど野生の動物たちの姿を大胆に切り取って、Tシャツというシンプルなアイテムで着るのがワイルドで斬新だった。その野性的なTシャツをリリースしていたのが「バナナ・リパブリック」、通称「バナリパ」だ。

 30年前、どうしてもバナリパのフォトプリントTシャツが全種類欲しくて、サンフランシスコへ飛んだ。日本ではTシャツしか展開されていなかったので、てっきりTシャツのブランドだと思っていたら、ジャケットやシャツ、パンツまで揃うトータルブランドと知って驚いた。結局、Tシャツは一枚も買わず、ジャケットとシャツとパンツとバッグをひと揃え買って帰国した。

 1978年にサンフランシスコで創業したバナリパは、旅やサファリといったモチーフを得意としている。2005年に日本に正式上陸したが、それ以前はセレクトショップなどで取り扱われていた。本国ではどこのモールにもある巨大なチェーン店だが、洗練されたサファリスタイルとでもいうべきか、街着のレベルでワイルドさを感じさせるコレクションは国籍はもちろん、年齢、性別を問わず着られるアイテムが多かった。いまではカジュアル・ラグジュアリーというカテゴリーにあり、サファリスタイルはさらに洗練を増している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

  2. 2
    阪神の“問題児”マルテはもういらない!不振、故障続発、増長懸念でまたゴタゴタの火種

    阪神の“問題児”マルテはもういらない!不振、故障続発、増長懸念でまたゴタゴタの火種

  3. 3
    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

  4. 4
    中日・高橋周遊撃起用のナゾ 立浪“迷”監督は根尾がそんなに嫌いなのか

    中日・高橋周遊撃起用のナゾ 立浪“迷”監督は根尾がそんなに嫌いなのか

  5. 5
    1.4億円が海底に消えた…知床沈没船「KAZUⅠ」の再引き揚げ費用は誰が負担するのか?

    1.4億円が海底に消えた…知床沈没船「KAZUⅠ」の再引き揚げ費用は誰が負担するのか?

もっと見る

  1. 6
    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

  2. 7
    「チコちゃん」マナー講師の炎上で透けたNHKの劣化…安易な企画と演出はもう通用しない

    「チコちゃん」マナー講師の炎上で透けたNHKの劣化…安易な企画と演出はもう通用しない

  3. 8
    中日・中村紀打撃コーチが二軍に配置転換…異例人事のウラに「独特すぎる打撃理論」

    中日・中村紀打撃コーチが二軍に配置転換…異例人事のウラに「独特すぎる打撃理論」

  4. 9
    上島竜兵さんがトーク主体のバラエティー番組にはほとんど出演しなかった理由

    上島竜兵さんがトーク主体のバラエティー番組にはほとんど出演しなかった理由

  5. 10
    大谷以来の二刀流! 日本ハム上原健太がようやく見せ始めた「身体能力お化け」の片鱗

    大谷以来の二刀流! 日本ハム上原健太がようやく見せ始めた「身体能力お化け」の片鱗