3年間まぶたが閉じません! 79歳男性が美容整形失敗、寝る時は目をテープで…

公開日: 更新日:

 これほどの悲劇があるだろうか。読者の方に想像していただきたいのは、3年間もまぶたを閉じられない境遇である。

 英ウェストミッドランズ州に住むピート・ブロードハーストさん(79)は2019年1月、膨らんだ頬を小さくする美容整形手術を受けた。費用は1万1000ポンド(約170万円)。9時間におよぶ大手術だった。

「術後は殴られたような顔で、昼夜を問わず具合が悪かった」

 その時の手術の失敗により、両まぶたに支障をきたし、特に左目はまったく閉じなくなってしまった。寝る時はテープで目を閉じる必要があるばかりか、日中は8回ほど、乾燥を防ぐために目薬をささないといけない。さらに目が開きっぱなしになるため、「知らない人には怖く見えてしまう」ことで、人間関係に問題をきたすことがある。

 19年5月に手術を執刀した外科医が皮膚移植という形で無料の修復手術を施したが、2年以上たった今も治っていない。

 ピートさんは「たとえ一流の外科医であっても患者の人生を台無しにする可能性がある」と英メディアに述べた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    元フジ久慈アナ NBA渡辺選手との“電撃婚約”発表に「大谷翔平じゃないの?」の声

    元フジ久慈アナ NBA渡辺選手との“電撃婚約”発表に「大谷翔平じゃないの?」の声

  2. 2
    ロ軍入隊事務所「放火多発」の異常事態!プーチン大統領は国民世論と主戦論の板挟み状態

    ロ軍入隊事務所「放火多発」の異常事態!プーチン大統領は国民世論と主戦論の板挟み状態

  3. 3
    知床観光船“引き揚げ失敗”のお粗末 海上保安本部に聞いた「4つの疑問」

    知床観光船“引き揚げ失敗”のお粗末 海上保安本部に聞いた「4つの疑問」

  4. 4
    「ちむどんどん」ご都合主義のストーリー連発! 視聴者は戸惑いの「まさかや~」大合唱

    「ちむどんどん」ご都合主義のストーリー連発! 視聴者は戸惑いの「まさかや~」大合唱

  5. 5
    ライオンが職員の指をガブリっ! ジャマイカの動物園での衝撃映像が話題

    ライオンが職員の指をガブリっ! ジャマイカの動物園での衝撃映像が話題

もっと見る

  1. 6
    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

  2. 7
    メジャースカウトの狙いはキューバ勢!千賀やマー君より気になる外国人選手の名前

    メジャースカウトの狙いはキューバ勢!千賀やマー君より気になる外国人選手の名前

  3. 8
    “血統書付き”の側近ナルイシキン長官 ピョートル大帝の血を引くとも

    “血統書付き”の側近ナルイシキン長官 ピョートル大帝の血を引くとも

  4. 9
    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

  5. 10
    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避