トンガ沖海底火山大噴火で懸念 コロナ禍に「令和の米騒動」の現実味

公開日: 更新日:

 15日に南太平洋のトンガ沖で発生した海底火山噴火の影響で、コメ不足を懸念する声がSNS上で相次いでいる。31年前にフィリピンで起きたピナトゥボ火山噴火を想起させるからだ。

 20世紀最大級といわれた1991年6月のピナトゥボ噴火は、最初の大爆発で高さ7000メートルの噴煙が立ちのぼり、世界的に気温が下がる気候変動の原因になった。

 日本では、93年夏に気温が平年より2~3度低くなる記録的な冷夏を経験。深刻なコメ不足に見舞われた。政府が備蓄米23万トンをすべて放出しても200万トン以上の供給不足。国はタイ米の緊急輸入を決めたが、日本米の買い占めや売り惜しみが横行し、米屋の前に行列ができるなど日本中がパニックに陥った。「平成の米騒動」である。

 今回のトンガ沖噴火は、ピナトゥボと同程度かそれ以上とみられる規模だ。気象衛星「ひまわり」による観測では、噴煙は高度1万6000メートル、半径260キロにも広がっているという。260キロといえば、東京から名古屋くらいの距離だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    プーチン政権崩壊の兆し国内外で加速 南オセチア大統領選で親ロシア派現職が衝撃の敗北

    プーチン政権崩壊の兆し国内外で加速 南オセチア大統領選で親ロシア派現職が衝撃の敗北

  2. 2
    細田衆院議長の“100万円しか”発言に自民OBが苦言「頭がおかしいとしか…」

    細田衆院議長の“100万円しか”発言に自民OBが苦言「頭がおかしいとしか…」

  3. 3
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4
    中日・根尾をダメにする立浪監督の朝令暮改 私なら本格的に「投手」をやらせる

    中日・根尾をダメにする立浪監督の朝令暮改 私なら本格的に「投手」をやらせる

  5. 5
    巨人は今オフもお得意FA封印か…補強失敗続きで阪神・西、中日・高橋周らもスルー気配

    巨人は今オフもお得意FA封印か…補強失敗続きで阪神・西、中日・高橋周らもスルー気配

もっと見る

  1. 6
    ロシア軍兵士もウンザリの装備ポンコツぶり…指揮官の命令も「拒否」する異常事態

    ロシア軍兵士もウンザリの装備ポンコツぶり…指揮官の命令も「拒否」する異常事態

  2. 7
    石川遼もマッチョに変身…プロゴルフ界で大流行する「筋トレ」の弊害

    石川遼もマッチョに変身…プロゴルフ界で大流行する「筋トレ」の弊害

  3. 8
    内田有紀が低迷キムタクドラマを救う? 快進撃を支える圧倒的美貌と“事実婚”柏原崇の存在

    内田有紀が低迷キムタクドラマを救う? 快進撃を支える圧倒的美貌と“事実婚”柏原崇の存在

  4. 9
    日本ハム新庄監督が選手に初カミナリの深謀遠慮…元ヤクルト飯田哲也氏が意図を推察

    日本ハム新庄監督が選手に初カミナリの深謀遠慮…元ヤクルト飯田哲也氏が意図を推察

  5. 10
    ロシア国内のプロパガンダに異変…苦し紛れの“国家総動員”で露呈したロ軍のキュウキュウぶり

    ロシア国内のプロパガンダに異変…苦し紛れの“国家総動員”で露呈したロ軍のキュウキュウぶり