「朝活」の合気道がサードプレイスに…透析寸前から奇跡の回復を遂げた50代男性の話

公開日: 更新日:

 まだ夜も明けやらぬ早朝、東京・新宿区若松町にある合気道本部道場では体を畳にぶつける音が響く。始発電車でスーツ姿のサラリーマンらがやって来て、6時半からの朝稽古に励んでいるのだ。マスク着用で感染対策を取りつつも、活気がみなぎる。

「いまが青春まっしぐら」と言うのは、元丸の内サラリーマンで会社経営の吉田英二さん(57)。神奈川県内の自宅から約1時間かけて週6日、通う。投げられ、押さえつけられては起き上がり、1時間の稽古後は全身汗だくで湯気が立つ。

「本部道場に入門して2年と3カ月、持病の糖尿病から網膜症になり、運転免許を更新できずに身体障害者手帳をもらい、人工透析一歩手前で落ち込んでいたのが嘘のようです。血糖値(HbA1c)は11から7に下がり、腎機能数値(eGFR)も20で踏みとどまっているし、気持ちも爽やか、前向きで、自信がよみがえり、10代に戻ったみたいです」

 合気道は柔道や剣術を極めた武道家、植芝盛平が開祖となり、国内のみならず世界140カ国に広まっている現代武道。形稽古を繰り返し、勝敗を競わず、試合も行わない一方、5級からの昇級昇段審査で、己の心と技の精度を追求していく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  2. 2
    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

  3. 3
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  4. 4
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  5. 5
    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

  1. 6
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  2. 7
    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

  3. 8
    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

  4. 9
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

  5. 10
    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか