村西とおる
著者のコラム一覧
村西とおるAV監督

1948年、福島県生まれ。バーテン、英会話教材のセールスマン、テレビゲームリリース業を経て、裏本制作で「裏本の帝王」と呼ばれ、その後、AV監督として一世を風靡。これまで3000本のAVを制作し、「AV界の帝王」としても有名。

【Q】風俗の女性と付き合って5年…告白した方がいいか、潮時か

公開日: 更新日:

 風俗の同じ女性に通うようになって5年ほどになります。彼女が病気で休んだ時などは相談に乗ってあげたりして、客と風俗の女性というよりは、今では普通に付き合っている男女の関係に近いと思います。最近は彼女への思いが強くて、はっきりいって恋人、結婚相手という付き合いの感じです。ただ、こういう男女の関係ではどう告白していいのか、告白してもいいのかも迷っています。これ以上、深入りする前に通うのをやめた方がいいのかと思うこともあるのですが。(大阪市・47歳)

【A】過去があるから現在がある。正直に訴えればいい

 前の女房ドノと離婚して1年ほど経った時に出会った彼女は台湾人でした。故郷の台湾には幼子を2人残していて、年齢は私と同じ齢でしたが、精神的には随分大人な女性でした。歌舞伎町の台湾バーのママで、夜ごとその店に遊びに行っていましたが、彼女は私の取引先のお客やスタッフとは「店外デート」をするクセに、私からの誘いは拒否したのです。

「台湾に子供が待っているから、本気の恋愛はできない」が彼女の言い分です。その言葉を聞いてかえって燃え上がりました。知る限り彼女は私の知人の男6人とイタしていました。が、そんなことは関係なく、情熱の赴くままに彼女の店に一日も欠かさず通い、ついに店外デートの約束を取りつけたのです。

 札幌の雪まつりの季節でした。彼女を連れて札幌に行き、一夜ホテルで結ばれたのです。彼女は私の体の下で震えて喘ぎながら「ずうっとあなたを好きだった」とうめいたのです。望むところでした。一緒になろうと彼女にプロポーズをし、東京に戻ると彼女には店を辞めてもらい、一緒にマンションでの生活を始めたのです。

 彼女は「夢みたい」と私の胸にすがって泣き、「ようやく信じられる人に出会えた」の涙で頬を濡らしたのです。

 しかし、1週間も経たないうちでした。事務所に行くと刑事たちがいて「わいせつ物頒布等罪」の容疑で逮捕されたのでした。それから30日間拘留され、釈放された後、急いでマンションに行ってみるともぬけの殻でした。突然姿をくらました私に「やっぱり裏切られた」と失望したに違いありません。店に行ってみると、シャッターが下りていて隣のお店のママによると「台湾に帰った」とのことでした。

 これまでになく真剣に愛した女性でしたが、愛のキューピッドはほほ笑んではくれなかったのです。今でも彼女のことを思うと、いとおしさで胸が熱くなります。

 人を愛するということは丸ごと好きになるということです。彼女が過去にどんな経験をしていようが、現在風俗のお仕事をなされていようが、そんなことは愛に何の関係もないことです。目の前にいる彼女が好きならば、だれに遠慮がいりましょう。好きだ、君が欲しい、ともに白髪が生えるまでの人生を歩みたいとのご自分のお気持ちを、嘘隠しなく率直に訴えればいいのです。

 人間の過去から現在の経験を肉体に例えれば、それらの経験は心臓であり、肝臓、腎臓、胃、肺、大腸、小腸です。過去が気に入らないと肝臓や心臓を否定すれば、彼女という人間の存在を否定することにつながります。

 かつて私が現在の女房ドノに過去の男性経験を尋ねたら、「卒倒するから聞かない方がいい」とのたしなめを受けたことがあります。

 過去があるから現在がある、そういうことなのでございます。

◆悩み相談募集 村西監督への相談、怒り、悩みを募集しています。ハガキに郵便番号、住所、氏名、年齢、性別、職業、相談内容、電話番号を明記のうえ、〒104-8007 日刊ゲンダイ「村西監督相談」係まで。
 メールは<fudoutoku@nk-gendai.co.jp>まで。


◆9月30日、連載が単行本になりました!!
全裸監督が答える不道徳で世界一まっとうな人生相談
(発行:日刊ゲンダイ 発売:講談社)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

    山陽電鉄内で全裸盗撮事件 女性車掌が同僚男のクズ依頼を「断れなかった」切ない理由

  2. 2
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

  3. 3
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  4. 4
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  5. 5
    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

    小象もキレイな姉さんがお好き? 有名モデルのスカートを引きずり下ろす珍事件

  1. 6
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 7
    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

    メジャー観戦で「日本選手の軟弱さ」を実感 全米OP国内予選でさえ大多数が途中棄権の体たらく

  3. 8
    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

    今川に続き万波も二軍落ち…日本ハムから“新庄チルドレン”が1人もいなくなる日

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に