【筋子とマッシュポテトのサンドイッチ】紅白で見た目も晴れやか

公開日: 更新日:

ロックフィッシュ(東京・銀座)

 運ばれてきた瞬間、2022年の“初つまみ”はこれで決まりだな、と思った。「いくら」は子孫繁栄やおめでたい色合いからおせち料理の定番のひとつだが、もちろん、いくらより未成熟な状態である「筋子」だって遜色はない。

 シンプルなマッシュポテトと合わせると塩気がいいアクセントとなり、んー、ハマりそう!

 ロックフィッシュのサンドイッチの具は、コンビーフやオイルサーディン、ハムカツなどさまざまで一、二を争う人気メニュー。しかも凜(りん)とした美しさで思わず見とれてしまうが、どうしたらこんなにきれいに作れるの?

「何はともあれ、まずは包丁を研ぐこと。包丁の切れ味が悪いとサンドイッチを押し潰してしまうことがあります。あとは数をこなせば、自然と慣れてくると思います」

 経験に勝るものなし、だ。年明けの本番に備え、予行演習をしておくとするか。そうと決まれば、筋子を手に入れなくては……。

 今週教わった全5品は振り返れば、青森ゆかりの食材が大活躍だった。現地で調達できれば万々歳だが、オンラインストアで探したり、週末や年末年始、東京・大阪・福岡にあるアンテナショップで買い込んで、楽しむのもまた一興だ。

  ◇  ◇  ◇

 2017年7月から始まった「ダンツマ」も今回でいったん“店じまい”となります。これまで紹介してきた1000を超えるレシピは日刊ゲンダイDIGITALで公開中。晩酌のお供に迷ったら、ぜひ活用ください。

《材料》
・角型食パン(8枚切り) 2枚
・筋子 15グラム
・バター 10グラム

【マッシュポテト】
・じゃがいも(男爵) 中1個(約150グラム)
・塩 ひとつまみ
・コショウ 適量
・マヨネーズ 5グラム

《作り方》 
(1)マッシュポテトを作る。じゃがいもは皮をむき、1センチ幅に切る
(2)鍋にじゃがいもがかぶるぐらい水を入れ、火にかける。軟らかくなるまで20分ほど茹でる
(3)ザルでお湯を切り、ボウルに移して塩とコショウ、マヨネーズで味を調える
(4)トーストした食パンの内側にバターを塗り③をのせて延ばす。ほぐした筋子を散らし、パンで挟む
(5)食べやすい大きさに切って皿に盛り、タイム(分量外)をあしらって出来上がり

▽間口一就(まぐち・かずなり)
 愛媛県生まれ。大学在学中から大阪の「サンボア」で働き、北浜で「ロックフィッシュ」を立ち上げ、2002年、銀座に出店。ハイボールと缶つまブームの仕掛け人となった。築地場外やスーパーに足しげく通い、気になる食材を物色してはあれやこれやと新しいメニューを妄想。第2の故郷と愛してやまない青森の食材にも精通する。おつまみ&レシピ本の著書多数。

▽ロックフィッシュ
 氷なしハイボールの聖地で、3時のおやつタイムから飲める。店主こだわりのおつまみは、食べる人がわくわくするような工夫を凝らした品々が並ぶ。迷ったら、白和えやサンドイッチをぜひ。新型コロナ以降、酒販免許を取得。店主が厳選したワインも購入できる。

東京都中央区銀座7-3-13 ニューギンザビル7階
℡03・5537・6900
平日15時~22時30分、土日祝14~18時 無休

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感