インフルエンザ変異でワクチンと“ミスマッチ”が…避けたい新型コロナとの流行Wパンチ

公開日: 更新日:

 ウイルスと人類との全面対決だ。新型コロナのオミクロン株が世界中に伝播し始める中、今度はインフルエンザでも“悪い知らせ”である。米国で主流だったインフルエンザウイルスが変異し、流通しているワクチンと「ミスマッチ」を起こしているというのだ。

 衝撃の研究結果を発表したのは、米ペンシルベニア大の研究チーム。16日に発表した査読前論文によると、問題のウイルスはインフルエンザA型(H3N2)の変異。現在流通しているワクチンでは、その変異インフルに対して有効な抗体を作れないという。

 研究を主導した同大のスコット・ヘンズリー教授は米メディアに、「重大なミスマッチ」「一度火が付いたら、制御不能なほど広がっていくかもしれない」と指摘。ワクチン効果が6%まで低下した2014~15年のインフルシーズンを「想起させる」(ヘンズリー教授)として、警鐘を鳴らしている。

 変異を繰り返してワクチンの予防効果を下げるさまには「インフルよ、おまえもか」と言いたくなるが、コロナと同じく、ワクチンを打っていれば、感染はしても重症化や死亡リスクは下げられるという。また、コロナ禍で浸透したマスク着用や人混みを避けるなどの感染予防策も有効だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ジャニーズ「ゴリ押し」で日本アカデミー賞“権威失墜”…レコード大賞と同じ末路をたどる?

    ジャニーズ「ゴリ押し」で日本アカデミー賞“権威失墜”…レコード大賞と同じ末路をたどる?

  2. 2
    高橋文哉「10クール連続ドラマ出演」がアダに? イケメン枠がゆえのジレンマと今後の課題

    高橋文哉「10クール連続ドラマ出演」がアダに? イケメン枠がゆえのジレンマと今後の課題

  3. 3
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  4. 4
    悠仁さまの「東大進学」はリスクが大きすぎる 未来の天皇に失敗は許されない

    悠仁さまの「東大進学」はリスクが大きすぎる 未来の天皇に失敗は許されない

  5. 5
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  1. 6
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 7
    フジ新番組「ぽかぽか」評価一変! お宝企画「牛肉ぴったんこチャレンジ」が救いの神に?

    フジ新番組「ぽかぽか」評価一変! お宝企画「牛肉ぴったんこチャレンジ」が救いの神に?

  3. 8
    オリビア・ハッセーに何が…1968年の映画「ロミオ×ジュリエット」めぐり650億円提訴

    オリビア・ハッセーに何が…1968年の映画「ロミオ×ジュリエット」めぐり650億円提訴

  4. 9
    指示役「ルフィ」はかつて、超人気芸人と強盗仲間だった? 過去のニュースにネット震撼!

    指示役「ルフィ」はかつて、超人気芸人と強盗仲間だった? 過去のニュースにネット震撼!

  5. 10
    ホームレスになった米シングルマザーが愛犬を手放したが…その後の展開に感動の声

    ホームレスになった米シングルマザーが愛犬を手放したが…その後の展開に感動の声