【牛ミノの湯引きと炒め物】鮮烈で芳醇な辛さがうま味を引き立てる

公開日: 更新日:

「おまえさぁ、舞妓はんひぃ~ひぃ~って知ってる?」

 先だって、一緒に酒を飲んだ知人に聞かれた。

 舞妓さんがひーひーと言って喜ぶものがあるのか、何なのか、それだけじゃ分からない。知人が続ける。

「とうがらしの商品名なんだ。七味と一味があるんだけど、とにかく辛いこと辛いこと。辛いだけじゃなく、香りもバツグンにいい。オレは七味の方が好きだな」

 人を食ったような商品名だけれど、味にうるさい知人が言うのだから、とにかくうまい七味には違いないだろう。自宅に帰って家人にその話をすると、「名前からして面白そうじゃない。ちょっと探してみるわ」と、翌日からさっそく舞妓はん探し。2、3日して、「やっと見つけたわ」とブツを買ってきた。

 手始めに白菜漬けにかけてみると、これが辛いのなんの。山椒とシソの香りもいい。ならば舞妓はんを生かせるような始末料理はないかと考えて、思いついたのが今回の牛ミノの湯引きと炒め物だ。

 普段、牛肉を食べることはあっても、牛の胃袋のミノをクチに入れることはほとんどない。それこそ焼き肉を食べに行ったときくらいだ。いつか始末料理で使おうと天ぷらも考えたが、油まみれになるのも勘弁と思っていたところに出合ったのが舞妓はんだった。

 ミノを調理する際のポイントは、食べやすいように切り込みを入れることと、火を通し過ぎないこと。煮ても焼いても火を通し過ぎると、ただでさえコリコリとしたものが硬くて始末に負えなくなる。湯引きは1センチ弱幅の短冊切りにしたものなら、煮立った湯に1分もくぐらせれば十分。ザルで水を切ったら、すぐにポン酢に漬けて味をなじませる。小ネギを散らして、さっと七味を振りかければ酒が進むこと請け合い。炒め物も七味によってうま味がグンと引き立つ。

(日刊ゲンダイ編集部)

 【材料】    
・牛ミノ…100グラム
・アスパラ…2、3本
・ごま油…小さじ1
・酒…小さじ1
・長ネギ…適量
・ごま…適量
・塩、胡椒…適量
・七味…適量

 【作り方】    
(1)ミノの表と裏に包丁で切り込みを入れて(写真①)、幅1センチ弱の短冊切りに。アスパラはミノの長さに合わせて切り、硬ければ湯通ししておく。ネギは斜めに小口切り。

(2)フライパンを熱してごま油を引き、ミノを炒める(写真②)。くれぐれも火の通し過ぎには注意。アスパラとネギ、酒を加えてサッと炒めたら、塩胡椒で味付け。仕上げにごまを散らす。 
 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

    フロリダ州史上最大! 捕獲された体重97キロのニシキヘビが最後に食べていたのは…

  2. 2
    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

    ナイナイ岡村隆史「5カ月休養」の真実…一時は重病説まで飛び交った

  3. 3
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  4. 4
    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

    大谷翔平の移籍先めぐり米メディアは大騒ぎ…金満強豪球団では「二刀流」が不可能な根拠

  5. 5
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  1. 6
    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

    杏がフランス移住決断でついに日本に見切りか…元夫・東出昌大はいまだ“開店休業”の哀れ

  2. 7
    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

    維新だけ「支持率下落」のなぜ 松井代表「自民党ピリッとさせる」と吠えても有権者に響かない

  3. 8
    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

  4. 9
    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

    総額43億円!国内女子ツアーの「賞金バブル」に先達ため息…西郷真央はイ・ボミ超えの3億円台も

  5. 10
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外