村西とおる
著者のコラム一覧
村西とおるAV監督

1948年、福島県生まれ。バーテン、英会話教材のセールスマン、テレビゲームリリース業を経て、裏本制作で「裏本の帝王」と呼ばれ、その後、AV監督として一世を風靡。これまで3000本のAVを制作し、「AV界の帝王」としても有名。

【Q】新幹線の中で酒を飲んで大声を出す人を注意したら無視された…

公開日: 更新日:

 仕事柄、よく新幹線を利用しています。一時はコロナでガラガラでしたが、最近は利用者が増えて団体客も多くなりました。緊急事態の時と違って最近は酒を飲んで大きな声を出す人が増えています。コロナが減ったから騒いでもいいということでしょうが、公共の場ですから、もう少し節度を持って欲しいと思います。あまりにうるさいとメモを渡すこともありますが、無視されることが多く残念です。 (自営業・65歳)

【A】先日、電車で新聞を広げていたら目の前の美女がバックをドスンと!

 この世にはまともでない人間が山ほどいます。お腹立ちはわかりますが、どうか触らぬ神にたたりなし、でやり過ごしていただきたく存じます。

 私も先だって電車の中でカラまれて酷い目に遭いました。相手は若い女性です。電車の中で新聞を広げていると突然その新聞のど真ん中にバッグが落ちてきたのです。あまりのことに驚き見上げると、目の前に若い女性が立っていたのです。

 彼女は「ゴメンナサイ」と当然口にしてしかるべきお詫びの言葉を口にすることなく、平然としているどころか、私を上から見下ろし「ニヤリ」と不敵な笑みを浮かべたのです。

 マスクをかけた目だけの顔からでも整った美形であることはわかりました。なぜにこんな美女が喧嘩を売るような傍若無人な振る舞いをしてくるのか愕然としたのです。

 美形は新聞に挟まっている自分のショルダーバッグを肩に掛け直しましたが、悪びれる様子もなく、マスクをかけた鋭い目で私を睨んでいます。その目は「オヤジ、こんなところで新聞を読んでいるんじゃない」と語っていました。

 電車の中で新聞を読むといっても、その日の電車の中は混んでおらず、周囲の乗客には迷惑をかけない十分なスペースが確保されていたのです。

 それなのに美形は私の前に立ち、わざわざ肩に掛けたバッグを落として「威嚇」してきたのです。

「お嬢さん、理不尽なことはやめましょうよ」と言いかけましたが、やめました。言うと再びバッグを落としてくるような気がしたからです。君子でもない身でございますが、「君子危うきに近寄らず」の言葉が頭をよぎりました。ここは相手をたしなめることは諦めて、トラブルを挑んでくる相手から身をかわすことを考えましたが、かといってどこにも空いている席はありません。

 仕方がなく目を閉じ、時が過ぎゆくのを待つと、しばらくして目の前の美形はドア近くの場所に移っていったのです。ホッとしました。明日の朝刊に「アノ村西監督が女性乗客とトラブル」の見出しの記事が載ることから免れることができたからです。

 かくのごときに有名税と申しましょうか、日常生活で無礼な相手に遭遇し、我慢を強いられることが少なくありませんが、それでもできる限り辛抱することを己に課しています。

 その昔、知人の男がふとした喧嘩で相手を殴りましたが、その殴られた相手が倒れ、頭の打ちどころが悪くて死亡するという事件を起こしたことがあったのです。そのことを知ってから、絶対にトラブルを回避しようと自らに言い聞かせています。

 正義はあなたさまにありますが、物心ついて諍いを起こし、一度も得をしたことがありません。心してください、身に降りかかる火の粉からは逃げるが勝ち、ということを。

◆悩み相談募集 村西監督への相談、怒り、悩みを募集しています。ハガキに郵便番号、住所、氏名、年齢、性別、職業、相談内容、電話番号を明記のうえ、〒104-8007 日刊ゲンダイ「村西監督相談」係まで。
 メールは<fudoutoku@nk-gendai.co.jp>まで。


◆9月30日、連載が単行本になりました!!
全裸監督が答える不道徳で世界一まっとうな人生相談
(発行:日刊ゲンダイ 発売:講談社)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

  2. 2
    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

  3. 3
    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

  4. 4
    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

  5. 5
    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

  1. 6
    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

  2. 7
    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

  3. 8
    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

  4. 9
    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

  5. 10
    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実

    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実