【フルーツスムージー】二日酔い防止に効果あり

公開日: 更新日:

bar NIKOKO(東京・銀座)

 旬の果物をふんだんに使ったスムージーも店の定番。朝食代わりにスムージーという人はいるだろうが、意外にも酒のアテになる。野菜は使わず、果物オンリーというのがミソ。いまの季節はリンゴやキウイがメインだという。果物の水分だけでつくるので、「飲む」というより「食べる」感覚のスムージーだ。

「キウイやバナナ、イチゴ、パイナップルなど材料は何でも。バーはレモンやライムをたくさん仕入れるので、前日に使わなかった分はスムージーにしてしまいます。そうすると、甘すぎず、お酒に合うさっぱりした味になる。ビタミンCもたっぷり。果物の糖分はアルコール分解酵素を活性化させるので、二日酔い防止のためにも、お酒と一緒に取るのは効果的。おいしくて、健康にもいいものを召し上がって欲しいですからね。果物のスムージーはジンやウオッカ、ラムで割ってもおいしいですよ」

 トマトジュースとウオッカのカクテル「ブラッディマリー」の果物版ということか。スムージーには腸内環境を整える作用があり、デトックス効果も期待できる。

 《材料》(2人前)
・リンゴ 1個
・キウイ 1個
・バナナ 1本
・レモン 適量
・ライム 適量

 《作り方》
(1)材料をよく洗い、皮をむき、適当に切ってミキサーに入れる。リンゴは皮ごと入れるのがポイント
(2)ミキサーで撹拌(かくはん)したら、保存容器に移して冷蔵庫で冷やす

乾喜代子(いぬい・きよこ)
 東京生まれ。高校卒業後、マグロの輸入会社に就職したことがきっかけで食への関心が一気に高まり、食べ歩きに邁進(まいしん)。趣味が高じて「食堂のようなバー」を開業するに至った。料理は自己流で、おいしいものに出合ったら自分なりの工夫でアレンジ。バー経営歴は39年に及ぶ。帽子がトレードマークで、楽しいおしゃべり目当てに訪れる客も多い。

bar KINOKO
 店名は喜代子ママの愛称から。席料5000円で、客の空腹具合に合わせてツマミを次々と出してくれる“銀座の深夜食堂”。壁一面に漫画「ゴルゴ13」全202巻が並んでいるのは、作者の故さいとう・たかを氏が常連だったため。以前はステーキの名店「かわむら」の上階に店を構えていたが、今年10月から現在地に移転して新装オープン。カラオケ設備もある。

東京都中央区銀座8-2-10 銀座誠和シルバービル9F
℡090・5307・9549
営業時間=19~26時ごろ(日・祝休)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

  2. 2
    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

  3. 3
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  4. 4
    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

  5. 5
    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

  1. 6
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  2. 7
    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

  3. 8
    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

  4. 9
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 10
    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾

    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾